教授挨拶

ご挨拶

塚原宏一教授
岡山大学大学院小児医科学教授
塚原 宏一

平成26年8月1日づけで、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科小児医科学分野教授および岡山大学病院小児科診療科長に就任いたしま した塚原宏一(つかはらひろかず)です

岡山大学小児科は設立以来120年以上がたち、東京大学小児科についで2番目に古い歴史と伝統があります。当小児科はこれまで中国 四国地域の基幹小児科として、この地域の小児医療を支えてきました。そして、わが国をリードする多くの医師、研究者、教育者を輩出し てきました。私は当教室の主任教授としては10代目になります。

私は昭和60年に京都大学医学部を卒業し、1年間の大学病院研修をへて昭和61年より福井赤十字病院、昭和63年より平成22年ま で福井大学小児科に勤務しました。福井では広い基礎知識と深い専門知識をもって患者さん1人1人に向きあう医療を目指し、新たな治療 方略、研究分野の開拓に努めました。平成22年4月に岡山大学に准教授として着任し、医局員、同門会の先生方と集中力をもって楽し く、周産期新生児、感染免疫、小児腎臓など広い領域で診療、研究、教育に携わってきました。

当大学病院では、平成24年9月に先進的で総合的な小児医療を目指してわが国で最大規模の「小児医療センター」が設置されました。 当センターは内科系、外科系にとどまらずこころの診療まで、子どもたちに「小児医療の最後の砦」として最適な高度先進医療を提供して います。当大学病院では「小児医療センター」を拠点として、小児医療の全分野が充実しています。また、中国四国地域の中心的な総合病 院と綿密に連携しながら、高度医療の実践とそれに関連する医学研究が行われています。

これからの小児科医は複数の専門資格(小児科専門医+感染症専門医など)が求められますが、岡山大学では小児医療の全分野で指導医 が存在し、どの医師も熱心に若手の教育に力を注いでいます。若手医師は小児科専門医の次のサブスペシャリティーを自由に選択し、その 専門資格を短期間で取得できます。この教育環境は各人のキャリアアップを効率よく押し進めています。

現在、小児科専門医の受験者の約40%は女性であり、全国的に小児科志望の女性医師が増えています。岡山県は岡山大学医療人キャリ アセンター(MUSCAT)、岡山県医師会女性医師支援事業など、子育て中の医師を支援する体制がとりわけ充実しています。岡山大学 病院内には定員90名の保育施設「なかよし園」、小児科専門医が担当する病児保育室が設置されています。そして、当大学病院と診療連 携施設では多くの医師が協力しながら、誰でも出産、育児などで一時仕事を中断し、いざという時に休むことのできる柔軟性のある連携体 制を作りあげています。

岡山大学では、各人の要望に応じたキャリアアップを進められることを強調したいと思います。

今後も、岡山大学小児科は子どもたちの幸せと医学の発展に貢献できるよう、地道に努力しつづけます。そのために、私は、最高レベル の診療力のさらなる向上、それに関連する研究力、大学の使命である教育力のさらなる強化を目指すことに全力を尽くしたいと考えていま す。

岡山大学小児科は、中国四国地域で小児科勤務、小児医学研究を希望するすべての医師に平等に門戸を開いています。当大学と多くの連 携施設での診療、研究、教育の体制や成果、将来の方向性についてご興味のある方は、塚原までご連絡いただけましたら幸いです(tsukah-h@cc.okayama-u.ac.jp)。

岡山大学大学院小児医科学教授   塚原宏一(平成28年10月記)

岡山大学病院小児科の現況

本年10月の時点での現況を報告させていただきます。まず、来年4月に始まる「岡山大学病院小児科医専門研修プログラム」(医師3 年目以降が対象)ですが、応募者が予想以上に多く、合格者は2桁に達しました。応募枠は数名ですが、残っています。11月初旬には2 次募集を行いますので、奮ってご応募下さい。

私たちは、このプログラム以外に、やはり医師3年目以降を対象にした「小児医療センター研修プログラム」、医師2年目~3年目(ま たは4年目)を対象にした「小児科特別コース」、すべての医師を対象にした岡山大学病院とその連携施設での「小児科育成プラン」、男 女共同参画型の「小児科支援プラン」、小児医科学大学院での「研究推進コース」など、それぞれの方の要望に応じた多彩なプログラムと プランを用意しています。

また、岡山大学病院小児科の臨床・研究・教育の実力あるいはそれに対する外部評価の指標と言えます「新入局者」は平成28年4月か ら10月までで10名になりました。私は、今後も若い仲間がどんどん増えていくことを期待しています。

私たちは、若い方々には、岡山大学病院を中心に働くこと、学ぶことでキャリアアップが加速的に進むことを楽しく経験してもらいたい と願っています。当小児科の各種プログラム、プランに少しでも興味のある方は、私(tsukah-h@cc.okayama-u.ac.jp) か、教育医長の岡田あゆみ准教授(doidoi@cc.okayama-u.ac.jp)、 医局長の馬場健児講師(kenjibaba@cc.okayama-u.ac.jp) までご連絡いただけましたらありがたいです。

岡山大学大学院小児医科学教授   塚原宏一(平成26年12月記)

岡山大学病院小児科の現況~その2

本年4月の時点での現況を報告させていただきます。本年4月に「岡山大学病院小児科医専門研修プログラム」が始まりました。彼ら小 児科専攻医だけでなく、初期研修医、医学部学生(Student Doctors)が新たに加わり、小児科外来、小児科病棟、小児科医局(臨床研究棟5階にあります)は若い方々で多層的にあふれています。

そして、若い方々にとって最も重要な教育でありますが、当小児科の熱心さはStudent Doctorsによる投票で第1位(ベスト・ティーチャー賞)を獲得したほどです。「現況~その1」でも述べましたが、私たちは、若い方々の多様な要望に応じた多彩なプロ グラムとプランを用意しています。

また、当小児科の臨床~教育~研究レベルに対する客観評価指標とも言えます「新入局者」は平成28年3月から現在までで20名にな りました。その内訳ですが、男性/女性が15/5、岡山大学卒業/他大学卒業が8/12でした(他大学卒業者が多いことも当小児科の 特徴です)。卒業年も昭和58年~平成28年と、幅広い年齢層の方々が私たちの仲間になってくれています。

当小児科は、様々な優秀な個性が集まるHub医局の役割を担っているのかもしれません。長い医者人生の中で一時的でも当小児科を中 心とするネットワークに身を置くことで、医師としての実力向上やキャリアアップ、良い仲間の発見があるでしょう。興味のある方は、私 (tsukah-h@cc.okayama-u.ac.jp) か、教育医長の岡田あゆみ准教授(doidoi@cc.okayama-u.ac.jp)、 医局長の馬場健児講師(kenjibaba@cc.okayama-u.ac.jp)、 病棟医長の近藤麻衣子助教(maia0809@md.okayama-u.ac.jp)、 外来医長の吉本順子助教(yoshim-j@okayama-u.ac.jp) など、小児科医師のどなたかにご連絡いただけましたらありがたいです。

岡山大学大学院小児医科学教授   塚原宏一(平成29年4月記)

岡山大学病院小児科の現況~その3

中国四国小児科学会

本年12月の時点での現況を報告させていただきます。

11月25日(土)と26日(日)の2日間、岡山コンベンションセンターにて第69回中国四国小児科学会を開催しました。当院小児 科の長谷川高誠、樋口洋介、馬場健児が中心になり、医局員と秘書さんが1年間かけて準備しました。当日は天候にも恵まれて、約400 名の方が参加して下さいました(写真を添付します)。そして、26日(日)午後には小児医療についての県民公開講座も開催しました。 テーマは「小児慢性疾患の医療的ケア」でした。倉敷中央病院の脇研自先生、津山中央病院の梶俊策先生の司会のもと、岡山医療センター の久保俊英先生、岡山済生会総合病院の田中弘之先生、岡山大学小児科の岡田あゆみ、塚原宏一が講演しました。

私たちは、各地域の小児医療、保健、福祉を堅守するためには、大学病院と拠点機能を有する総合病院が中心になって多くの医療関係者 が連携して協働することが必須であると考えています。場合によっては県境を越えた体制作りも必要と思います。そのような想いにのっ て、今後も小児医療関係者による県民(あるいは市民)公開講座を継続的に開催するつもりです。

私たちは、医学部学生、若手~中堅医師の育成、教育も大学病院と地域の病院が一緒になって進めないといけないと考えています。現 在、来年度の岡山大学病院「小児科医専門研修プログラム」への希望者を募っています。ちなみに、今年度、私たちのプログラムを開始し た若手医師は10名でした。この数字は中部地方を含めた西日本で最多で、日本全体としても上から5番目でした。数で比較するのもどう かですが、当院小児科は院内Student Doctorsによる投票でも第1位を今も維持しています。「万物は数である」(ピタゴラス)… 私は、当医局員の教育への態度、行動、成果は十分に実態のあるものと思っています。

この国も急激な転換を求められています。様々な境界~時間の境界(未来志向)、地域の境界(国際志向)~を超えないといけません。 岡山大学病院でもbeyond bordersの取り組みが進んでいます。私たちの病院や連携している中国四国の各施設に興味のある方は、ひきつづき、私(tsukah-h@cc.okayama-u.ac.jp) か、教育医長の岡田あゆみ准教授(doidoi@cc.okayama-u.ac.jp)、 医局長の馬場健児准教授(kenjibaba@cc.okayama-u.ac.jp)、 病棟医長の近藤麻衣子助教(maia0809@md.okayama-u.ac.jp)、 外来医長の吉本順子助教(yoshim-j@okayama-u.ac.jp) など、医局員の誰かにご連絡いただけましたらありがたいです

                  岡山大学大学院小児医科学教授  塚原宏一 (平成29年12月記)

岡山大学病院小児科の現況~その4


岡山大学大学院小児医科学教室と岡山大学病院小児科の現況を報告させていただきます。

当 教室は中国四国の基幹としてこの地域の診療、教育、研究を支える責務を全うしています。小児診療では平成249月 に設置された「小児医療センター」を基盤として最重症児への高度医療をさらに進めています。当センターは小児科、小児外科、小児 神経科、小児循環器科、小児血液・腫瘍科、小児歯科、小児麻酔科、小児放射線科、小児心臓血管外科が中心になり、大学病院の多く の診療科との横の連携を発展させています。一方、岡山大学病院は中国四国の各大学病院、総合病院、クリニックと綿密に連携しなが ら、子どもたちとご家族に安心安全の高度医療を提供しています。

教育では学生だけでなく若手~中堅医師の内発的進化を 促すことを第一義に全員が力を尽くしています。当教室への「新入局者」はここ2年 間で17名(男/: 11/6、岡山大学卒業/岡山大学以外の卒業: 8/9、昭和58年卒~平成30年 卒)です。現 在、来年度の岡山大学病院「小児科医専門研修プログラム」への希望者を募っていますが、ここ3年 間で私 たちのプログラムを開始した若手医師は計20名でした。この数字は中 国四国地域で最多です。一方、岡山大学病院小児医療センターMC(マ ネージメントセンター)には計30名 が登録してくれています。

本 年3月に岡田あゆみ准教授がベストクリニカルファカルティ賞(最優秀臨床 教員賞)、そして、小児医科学教室がベストクラス賞(最優秀臨床教室賞; 一 昨年も受賞しました)をそれぞれ受賞しました。このように、小児医科学教室に属するすべての医局員の優しくて熱い教育マインドと その実行力が外部からも高く評価されています。

研究では英語論文報告が継続して充実しています。一般 小児科ではJournal of PediatricsActa Paediatrica、感染免疫ではClinical Experimental AllergyJournal of Medical Virology、心臓血管ではCirculation Research、血液腫瘍ではAnnals of Hematology、内分泌代謝ではJournal of Endocrinology and Metabolism、成育新生児ではEarly Human Developmentで原著論文が発表されています。ここ数年間の総インパクトファクターは年間100前 後を維持しています。他分野他領域の先生方の多大なご支援もあって、ここ4年 間で医学博士を取得した小児科医師は15名に達しました。

大きな学会としては、2018年(昨年)1020日 (土)~21日(日)に岡山コンベンションセンター、岡山県医師会館にて 「第55回日本小児アレルギー学会学術集会」を開催させていただきまし た。当番会長は小児急性疾患学講座の池田政憲教授が担当しました。1021日 にNobel Laureateになられたばかりの京都大学高等 研究院の本庶 佑特 別教授に 特別講演をしていただいことは、2018年度の小児医科学教室の光 輝燦 然とした成果で ありました。

現 時点(20194月) の医局長は馬場健児、教育医長は吉本順子、病棟医長は八代将登、外来医長は近藤麻衣子、研究医長は嶋田明です。一方では、若手~ 中堅医師がそれぞれの立場で小 児医科学教室、大学病院小児科を誠実に支え、継続的に発展させてく れています

新しい年度を迎えて、文章も少々長くなりました。私たちの病院や連携している中国四国の各施設に興 味のある方は、ひきつづき、私(tsukah-h@cc.okayama-u.ac.jp)か、岡田あゆみ准教授(doidoi@cc.okayama-u.ac.jp)、医局長の馬場健児准教授(kenjibaba@cc.okayama-u.ac.jp)、教育医長の吉本順子助教(yoshim-j@okayama-u.ac.jp)など、医局員のどなたかにご連絡いただけましたらありがたいです。

文責: 塚 原宏一(平成314月 記)

中国四国小児科学会2