診療グループ

感染症・免疫・アレルギーグループ

写真1

塚原宏一(教授):
小児科学会代議員、小児科学会専門医、周産期新生児医学会指導医、感染症学会専門医・指導医、腎臓学会専門医・指導医、Infection Control Doctor、「子供のこころ」相談医、厚労省認定臨床研修指導医、小児慢性特定疾病指定医、難病指定医、小児科学会岡山地方会会長
森島恒雄(特命教授、岡山労災病院院長):
小児科学会代議員、小児科学会専門医、感染症学会専門医・指導医、Infection Control Doctor
池田政憲(小児急性疾患学講座 教授):
小児科学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、 周産期新生児学会指導医、ICD認定医
八代将登(助教):
小児科学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医、Infection Control Doctor、厚労省認定臨床研修指導医、PALSプロバイダー
齋藤有希惠(医員):
小児科学会専門医、日本アレルギー学会専門医
野坂宜之(医員):
小児科学会専門医、救急科専門医、集中治療専門医
吉川知伸(医員):
小児科学会専門医
藤井洋輔(小児急性疾患学講座 助教):
小児科学会専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本肝臓学会専門医、ICD認定医、PALSプロバイダー
山田睦子(技術補佐員)
長岡義晴(大学院生):
広島市民病院 小児科
関本員裕(大学院生):
福山医療センター 小児科
山下信子(ウイルス学教室助教):
小児科学会専門医
<学外>
萬木章
岡山市民病院 小児科部長
安井耕三:
広島市民病院 小児科部長
喜多村哲朗:
日本鋼管福山病院 小児科部長
林 知子:
笠岡第一病院 小児科
後藤振一郎:
岡山赤十字病院 小児科
和田智顕:
井原第一クリニック 小児科
長尾隆志:
厚生労働省結核感染症対策課
津下 充:
松山赤十字病院 小児科

(1)感染症

写真2
  • ① 急性感染症から慢性進行性・遷延性感染症まで広い領域の重篤・難治感染症について診療と研究を行っています。
  • ② 森島教授を中心に、インフルエンザ脳症などの急性脳症、中枢神経系感染症の病態解明と治療に力を入れています。全国の小児科医より寄せられた情報と新しい臨床知見をまとめた「厚生労働省インフルエンザ脳症研究班 - インフルエンザ脳症ガイドライン」を発刊しました。現在、酸化ストレスの病態生理とレドックス制御の治療応用の研究も合わせて行っています。
  • ③ 当グループでは、各種ウイルス(HSV、VZV、EBV、CMV、HHV6、HHV7)の迅速PCR診断、各種サイトカイン・ケモカイン計測を行っています。院内・院外からの多数検体を分析しています。もし、診断と治療にお困りの場合には、どうぞご連絡下さい。
私たちが主に対象にする疾患
  • インフルエンザ脳症、HHV6、ロタウイルス関連脳症を含む小児の急性脳症・脳炎
  • 新型インフルエンザ急性呼吸不全、慢性活動性EBウイルス感染症などの重篤・難治ウイルス感染症
  • 新生児ヘルペス、先天性サイトメガロウイルス感染症などの母子感染症
  • 乳児肝炎、急性・慢性肝不全などの肝臓疾患

(2)免疫・アレルギー

  1. ① 宿主(患者)の免疫反応が病態形成に深くかかわるという点でウイルス・細菌感染症発症と関連する免疫・アレルギーの領域でも、診療と研究を行っています。
  2. ② 気管支喘息、食物アレルギーなどの各種アレルギー疾患については多施設と連携した臨床研究を行っています。
  3. ③ 先天性免疫不全症、自己免疫疾患、自己炎症疾患(若年性サルコイドーシス、TNF受容体関連周期熱症候群など)については、関連施設より紹介される難治症例に最新の知見に基づいた効果的治療を行っています。生物学的製剤(エタネルセプト、トシリズマブなど)の治療も行っています。