診療グループ

血液・腫瘍グループ

嶋田 明(H4, 岡山大学病院小児血液・腫瘍科准教授):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医・指導医、日本癌治療認定医機構がん治療認定医、日本小児血液がん学会専門医・指導医、造血細胞移植学会認定医
鷲尾佳奈(H12, 岡山大学病院小児科医員):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医
藤原かおり(H21, 岡山大学病院小児科医員):
小児科学会専門医
金光喜一郎(H22, 岡山大学病院小児科医員):
小児科学会専門医
石田悠志(H22, 岡山大学病院小児血液・腫瘍科医員):
小児科学会専門医
小田 慈(S51, 岡山大学名誉教授、特命教授、新見公立大学特任教授):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医・指導医、日本癌治療認定医機構暫定教育医、小児血液・がん学会暫定指導医
<学外>
赤在あゆみ(S58, 倉敷市保健所):
小児科学会専門医・臨床指導医
西内律雄(S61, 高知医療センター小児科):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医、日本小児血液がん学会暫定指導医
遠藤千恵(H3, 旭川荘療育・医療センター):
小児科学会専門医 卒後臨床研修指導医
大橋博美(H4, 高松市民病院小児科):
小児科学会専門医、Infection control doctor、抗菌化学療法認定医
茶山公佑(H5, 豊中市立病院小児科):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医
山本明子(H6, ニコニコこどもクリニック):
野口佳江(H7, 岡山済生会総合病院小児科):
小児科学会専門医
伊藤周代(H8, 岡山市立岡山市民病院小児科):
小児科学会専門医、臨床研修指導医
宮村能子(H8, 大阪大学小児科):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医・指導医、日本癌治療認定医機構がん治療認定医、造血幹細胞移植学会認定医、日本小児血液がん学会専門医・指導医
佐藤真帆(H11, 大阪府立母子医療センター):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医・指導医、日本癌治療認定医機構がん治療認定医、日本小児血液がん学会暫定指導医
坂本由里子(H11, 瀬戸内市民病院小児科・岡山大学病院小児科):
小児科学会専門医
石田敏章(H13, 兵庫県立こども病院血液腫瘍科):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医
森下直人(H14, 広島共立病院小児科):
小児科学会専門医、Infection control doctor
村岡(山本)倫子(H17, 福山医療センター小児血液・腫瘍科):
小児科学会専門医、日本血液学会専門医
金澤(青山)結(H19, 産休中):

岡山大学病院小児血液・腫瘍科は、岡山県内のみならず、西は福山、尾道、東は姫路と北は鳥取県、南は香川県、高知県と東中四国地方から兵庫県西部までの広域なエリアから、患者さんの紹介を受けています。他県からは主に骨髄移植の依頼を受けています。 岡山県内では、倉敷中央病院、川崎医科大学病院、国立岡山医療センター、岡山赤十字病院、岡山済生会病院、津山中央病院などと連携して患者さんの診療にあたっています。また高知県では高知医療センター小児科で、福山地区では国立福山医療センター小児血液・腫瘍科で、血液専門医が常勤しています。津山中央病院には陽子線施設ができ、2016年4月から小児固形腫瘍が保険収載となり、9月から小児固形がんの陽子線治療を開始しました。患者さんがいらっしゃいましたら積極的に受け入れたいと考えています。

臨床面

写真
臨床では、小児に発症する白血病、悪性リンパ種、骨髄異形成症候群などの血液悪性疾患のみならず、貧血、特発性血小板減少症、再生不良性貧血、先天性造血不全症などの血液疾患、血友病などの血栓止血異常症、無ガンマグロブリン血症などの免疫不全症、EBV関連血球貪食症候群、脳腫瘍、神経芽腫、肝芽腫、骨肉腫、Ewing肉腫、横紋筋肉腫などの小児悪性固形腫瘍を対象としています。このため小児外科、脳神経外科、整形外科、耳鼻咽喉科、放射線科、血液腫瘍内科、肝胆膵外科、呼吸器外科など、関連各科と密接に連携をとって診療にあたっています。
日本小児白血病・リンパ腫研究グループ(JPLSG)や小児白血病研究会(JACLS)の参加施設として、また厚生労働省の班研究の班員として白血病の全国研究に積極的に参加しています。
岡山大学病院は中国地方の移植拠点病院であるため、非血縁者間同種骨髄移植の認定診療科として、年間10-15人の造血幹細胞移植を行っています。
また学外の本グループの先生方は、各地域の基幹病院の中枢として働いています。

研究面

  1. ①次世代シーケンサーを用いた小児白血病(ALL、AML)の遺伝子解析 (AMED研究費)
  2. ② 小児骨髄異形成症候群(MDS)の遺伝子解析(文部科学省科研費)
  3. ③ 小児の稀な骨髄増殖性疾患の全国調査と病態解明(AMED研究費) (小児アレルギーグループ、岡山大学皮膚科学教室との共同研究)
  4. ④ 血栓止血異常症の次世代シーケンサーによる簡易検査法の確立 (民間研究費)
  5. ⑤ REIC遺伝子治療を用いた難治性小児固形腫瘍(神経芽腫、横紋筋肉腫)の治療