図5

初期研修と後期研修を有機的に結合させたことも「岡山大学小児科研修:特別コース」の特長です。通常なら初期研修の2年間が修了すると、新たに研修病院をリサーチするか、同じ病院に残って研修するか大きな進路選択を迫られます。私たちの「岡山大学小児科研修:特別コース」では3年目の研修を2年目と同じ病院で、つまり同じ環境とスタッフの中で、継続することができます。もちろん3年目以降の研修では、各病院の小児科チームの一員として、周囲からの期待も高まることでしょう。2年目から3年目への進路選択の葛藤や転勤の不安を気にせずに、研修に励んでほしいと思います。