診療グループ

新生児・遺伝グループ

塚原宏一(教授):
小児科学会代議員、小児科学会専門医、周産期新生児医学会指導医、感染症学会専門医・指導医、腎臓学会専門医・指導医、Infection Control Doctor、「子供のこころ」相談医、厚労省認定臨床研修指導医、小児慢性特定疾病指定医、難病指定医、小児科学会岡山地方会会長
吉本順子(助教):
小児科学会専門医、周産期新生児医学会専門医、臨床遺伝専門医、新生児蘇生法インストラクター
鷲尾洋介(助教):
小児科学会専門医、周産期新生児医学会専門医、新生児蘇生法インストラクター
木村紀子(医員):
小児科学会専門医、新生児蘇生法インストラクター
岡村朋香(医員):
小児科学会専門医、新生児蘇生法インストラクター 
渡邊宏和(医員):
 
<学外>
倉敷中央病院遺伝診療部:二宮伸介
国立病院機構岡山医療センター新生児科:影山操、湯本悠子、玉井圭、森本大作
倉敷市立児島市民病院小児科:寺岡通雄
松山赤十字病院小児科:近藤陽一、小笠原宏
国立病院機構福山医療センター新生児科:高橋伸方、野島郁子、高杉瑞恵
国立病院機構高知医療センター小児科:中田裕生、丸山秀彦、金澤亜錦
旭川荘療育センター:楢原幸二、藤原千代、篠塚雅子
岡山労災病院小児科:三好恵子
香川県立中央病院小児科:森田啓督

(1)新生児診療

岡山県の地域周産母子センターとして、現在、新生児特定集中治療管理室(NICU)6床、新生児室12床にて診療しています。入院数は年間約300例で、早産児、低出生体重児に加えて糖尿病、膠原病などの重症疾患合併母体、多胎などハイリスク母体も多く、そのような母体から出生した児の診療も行っています。 表に示しますように、出生体重1000g未満の超低出生体重児を含めて約15例の極低出生体重児の入院があります。これらの児に対してintact survivalを目指して集中治療を行っています。早産が予期される症例には、必要に応じて産科婦人科と連携してprenatal visitを行います。その他、新生児遷延性肺高血圧症に対する一酸化窒素吸入療法、新生児仮死に対する脳低体温療法も行っています。 先天性心疾患症例は年間約30例で、出生前診断された先天性心疾患の手術までの内科的治療を小児循環器科と連携して行っています。さらに、小児外科疾患、脳神経外科疾患など出生後早期に外科的治療が必要な児の術前術後の全身管理も行っています。 NICUを退院した児については、その後の成長発達のフォローも重要です。当院では、より良い発達を促すため入院中から早産児への理学療法の導入し、また小児神経科とも連携し、発達の評価を行うなどのフォローアップ体制をとっています。

(2)研究

病的新生児のQuality of lifeの最大限の向上を目指して、心臓血管の生化学・病態生理、栄養代謝の適正管理、先天疾患の病態生理・新規治療に関する研究を行っています。

早産児の晩期循環不全の病態生理に関する研究
口腔内母乳塗布が早産児に与える影響に関する研究
Invosを用いた組織酸素飽和度(rSO2)と出生時頭囲の関係性に関する研究

遺伝子・染色体に関連する疾患について、発育・発達フォロー、他科との連携を含めて総合的な診療を行っています。毎週金曜日に専門外来を行っています。

(3)遺伝診療

先天性疾患、染色体疾患など遺伝に関する疾患の診断や遺伝カウンセリング、健康管理を含めた発育発達フォローアップを行っています。院内の遺伝カウンセラーと連携しながら、予約制で遺伝カウンセリングを行っています。

(4)当院で取得できる専門医

周産期新生児医学会専門医
臨床遺伝専門医