岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 薬理学分野

岡山大学 English

教室紹介

教授あいさつ

教授あいさつ

 私たちの薬理学教室では最近10年間、疾患病態形成に関与する炎症反応を抑制するための薬創りに挑戦してきました。具体的には、起炎症因子として最近注目されるようになったDamage-associated molecular patterns(DAMPs)の代表High mobility group box-1(HMGB1)に対する抗体分子を用いた標的治療に取り組んできました。臨床適用疾患として、脳梗塞、脳内出血、クモ膜下出血後の脳血管攣縮、脳外傷、脊髄損傷、神経因性疼痛等をこれまでに見出してきました。(引用文献1~9)
 ラットの単クローン抗体から治療用のヒト化単クローン抗体作製へと進み、実用化に向けての研究を継続しています。また、HMGB1の作用に拮抗する血漿タンパクHistidine-rich glycoprotein(HRG)を見出し、全身性炎症症候群に対する創薬研究へと展開しています。生体内には複雑なDAMPs-Anti-DAMPs系が存在するとの仮説のもとに、新規DAMP分子の同定にも取り組んでいます。
 感染症急性期から、脳外傷に代表される組織損傷、さらに生活習慣病に見られる慢性期の炎症に至るまで、多様な炎症像が個々の疾患で観察されます。その複雑な生体反応に新しいカッティングエッジを見出すことで創薬研究を展開したいと考えています。
 研究室では現在、アジア各国からの留学生が熱心に研究に取り組んでいます。教室出身者の海外研究室へのプロモーションや、共同研究を活発に行い、人事交流を積極的に進めています。我々の研究姿勢は挑戦的であり、困難も伴いますが、基礎炎症病態の解析から創薬を目指す戦略は、興奮に満ちたものです。国内からも若い意欲ある学生諸君、研究者の参加をお待ちしています。

平成26年11月 
西 堀 正 洋

文献

  1. Liu K, Mori S, Takahashi HK, Tomono Y, Wake H, Kanke T, Sato Y, Hiraga N, Adachi N, Yoshino T, Nishibori M. Anti-high mobility group box 1 monoclonal antibody ameliorates brain infarction induced by transient ischemia in rats. The FASEB Journal, 21:3904-16, 2007.
  2. Zhang J, Takahashi HK, Liu K, Wake H, Liu R, Maruo T, Date I, Yoshino T, Ohtsuka A, Mori S, Nishibori M. Anti-high mobility group box-1 monoclonal antibody protects the blood-brain barrier from ischemia-induced disruption in rats. Stroke, 42(5):1420-8, 2011.
  3. Shichita T, Hasegawa E, Kimura A, Morita R, Sakaguchi R, Takada I, Sekiya T, Ooboshi H, Kitazono T, Yanagawa T, Ishii T, Takahashi HK, Mori S, Nishibori M, Kuroda K, Akira S, Miyake K, Yoshimura A. Peroxiredoxin family proteins are key initiators of post-ischemic inflammation in the brain. Nature Med, 18(6), 911-7, 2012.
  4. Okuma Y, Liu K, Wake H, Zhang J, Maruo T, Date I, Yoshino T, Ohtsuka A, Otani N,   Tomura S, Shima K, Yamamoto Y, Yamamoto H, Takahashi HK, Mori S, Nishibori M. Anti-high mobility group box-1 antibody therapy for traumatic brain injury. Ann Neurol, 72(3):373-84, 2012.
  5. OkumaY, Liu K, Wake H, Liu R, Nishimura Y, Zhong H, Teshigawara K, Haruma J, Yamamoto Y, Yamamoto H, Date I, Takahashi HK, Mori S, Nishibori M. Glycyrrhizin inhibits traumatic brain injury by reducing HMGB1-RAGE interaction. Neuropharmacology, 85:18-26, 2014.
  6. 脳梗塞抑制剤:特許第3876325号、PCT/JP2006/320436
  7. アテローム動脈硬化抑制剤:特許第5467313号、PCT/JP2010/066683
  8. 脳血管攣縮抑制剤:特許第3882090号、PCT/JP2007/060231
  9. 外傷性神経障害治療剤:特願2010-270133、PCT/JP2011/077782

PAGE TOP