ハラスメント防止対策室とは

岡山大学では,ハラスメントによる被害を防止し,快適な勉学環境と職場環境を作ることを目的に,ハラスメント防止対策室を設置しています。

○ハラスメント防止対策室の役割
  1. 専門相談員による相談受付
  2. 教職員のハラスメント防止に関する意識喚起
  3. 大学の構成員に対する環境調査(全学アンケート調査)
  4. 加害者とされる教職員に対する研修

1)相談受付

  • 相談内容
    各種ハラスメントついて,相談を受け付けています。
    (ハラスメント外の対応が必要と思われる場合,対応窓口を紹介する場合があります)

  • 対応者
    ハラスメント防止対策室の専任相談員

  • 津島地区   
    ・受付日時: 月曜日~金曜日(図書館休館日・祝日を除く)
     10:00~12:00,13:00~16:00
    ・設置場所:  附属図書館西館3階  *階段を上がって正面(配置図)

  • 鹿田地区   
    ・受付日時: 月曜日,金曜日(祝日除く) ※平成28年7月1日から,開設曜日が変更になりました。
     13:00~16:00
    ・設置場所:  記念会館3階  *階段を上がって正面

◇◇メール・電話でご予約ください。相談は原則として面談により行います◇◇

   


2)ハラスメント防止・啓発活動

ハラスメント防止対策室では,学内各部局でのハラスメント防止研修に対し,研修材料の提供を行っています。 研修材料を用いるだけでは開催が難しい場合には、防止対策室の相談員を講師として派遣することも可能です。 研修材料の提供・講師派遣を希望される方は,ハラスメント防止対策室までご連絡・ご相談下さい。

◇提供中の研修材料◇  
  • ハラスメント啓発DVD
    12分から50分までの各種DVDを揃えています。研修に合わせてご活用下さい。
     → DVD一覧・貸し出し方法はこちら

  • 研修用パワーポイント ※講師用説明シナリオ付き
    岡山大学の実情を踏まえた,ハラスメント防止研修用パワーポイントスライドです。
    講師用の説明シナリオも付いています。
    研修時間の長短に合わせ,アレンジしてご活用いただけます。
    DVDの視聴後にスライドを用いて説明をすると,より一層効果的な研修となります。

  • グループワーク事例(4人一組でのケースワーク)  
    4名1組でのグループワーク実施が可能な,2事例のテキストです。  
     ①大学院生Aさんの相談(セクハラ・教室向け)  
     ②A主査が受けた相談 (パワハラ・事務系向け) の2事例があります。

  • ハラスメントチェックシート(教員用・職員用)
    15項目の簡単な質問で,ハラスメントに対する認識が明らかになります。
    教員用と職員用があり,それぞれ質問編と回答編とに分かれていますので,
    研修中に時間を設けられない場合は,持って帰ってもらい各自で説いてもらうことも可能です。

3)大学の構成員に対する環境調査(全学アンケート調査)

定期的に,全学アンケート等により,学内の構成員に対する環境調査を行います。
アンケート結果を基に,本学におけるハラスメント発生原因について検証し,ハラスメント防止の取り組みを検討します。
全学アンケート調査時には皆様方のご協力をお願いします。    

(過去調査結果)
・H22年度 ハラスメントに関するアンケート調査結果


4)加害者とされる教職員に対する研修

加害者とされる教職員に対して,DVD研修や面談を行います。
ハラスメントを行ってしまったという認識を持ち,再度行為を行うことのないよう指導することを目的とします。


構成員

  • 室長(兼任教員):髙橋 純夫
  • 専任教員    :池畑 秀一
  • 専門相談員   :新  史恵