学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 環境生態学コース > 国際農村環境学分野

国際農村環境学分野 (International Rural Studies)

 

教員

Doo-Chul KIM教授 :金 枓哲 Prof. Dr. Doo-Chul KIM
E-mail:kim@(@以下はcc.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 農村地理学,環境地理学,韓国地域研究,ベトナム地域研究
 教授 :生方 史数 Prof. UBUKATA Fumikazu
 E-mail:ubukat-f@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)
 専門分野:東南アジア地域研究、国際開発学、ポリティカルエコロジー、資源経済学
HONDA Yasuko 准教授 :本田 恭子 Assoc. Prof. HONDA Yasuko
E-mail:yhonda@(@以下はcc.okayama-u.ac.jp を付けてください。)
専門分野: 農業経済学,農村社会学

主な研究テーマ

 グローバル化が進む現代社会における開発と環境問題の関連性を,国内外の農村における現地調査に基づき社会経済的側面から解明するとともに,「持続可能な開発」を行う方策を,地域に住む人々の立場から考察するための教育研究を行う。

地域資源管理と内生的住民組織論

 森林,干潟,湖など様々な自然資産には本来的な所有者がなく,地域住民の誰もが利用することのできるものが多くあります。「共有資源」と呼ばれる,このような自然資産の利用と管理には,「見えざる手」のような市場経済の仕組みがうまく機能せず,個々の生活を良くするための努力が環境破壊につながってしまうケースも少なくありません。自然資産を持続可能な資源とするためには,地域コミュニティによる利用と管理が不可欠であり,健全な地域コミュニティの核を成すのが「内生的住民組織」です。 私たちは,日本・韓国・中国・ベトナムの農村地域を歩く!見る!聞く!ことで,地域コミュニティによる地域資源の持続的管理の在り方を解明しています。

img_theme01.jpg

ベトナム・サパ地区の少数民族が耕す棚田(2011年7月7日撮影)

東南アジアにおける資源開発の政治・経済と地域社会への影響

 近年経済成長が著しい熱帯アジア諸国では,石油,鉱山,森林,河川やラグーンなど,豊かな天然資源が次々と開発されてきました。一方で,資源が存在する地域に住む住民の生活は,必ずしも開発の速度に見合った向上を示しているとはいえません。また,急激な開発により,自然環境や住民の生存基盤が破壊されているという批判も国内外で急速に高まっています。研究では,タイ,ラオス,ベトナム,マレーシアなどで起こっている事例をもとに,政府・企業・住民・外国の人々・NGO・国際機関などが,資源開発をめぐってどのようにせめぎあってきたか,そしてその結果,どのような制度が構築され,地域社会にどのような影響を与えてきたかを検討しています。

img_theme02.jpg

アブラヤシを収穫するインドネシア人のプランテーション労働者(マレーシア,2011年8月14日撮影)

市民コモンズとしての広域的な地域資源管理システム

 農地や水路といった地域の資源は農業に利用されるだけでなく、地域に住む人々や都市の市民の生活にも欠かせない様々な多面的機能(例:国土の保全、水源の涵養、景観の形成)を持っています。しかし、現在農業と農村の衰退により、地域資源の荒廃が大きな問題となっています。そこで,地域の資源を農業生産のためのものだけではなく地域の共有財産(市民コモンズ)として位置づけ,農業以外の幅広い利活用を図ることで持続的な資源管理を行っていくことが求められています。研究では,主に日本の近畿・中国地方をフィールドに,これまで地域でどのような資源管理が行われてきたか,今後どのような形の資源管理が適切かを調べています。また、地域資源の新たな活用法として、エネルギー生産にも着目しています。中国地方には、終戦後、電力不足の解消や地域振興のため農村地域が主体となって小水力発電所を建設する動きがみられ、いくつかは現在も住民主体で運営されています。これらの発電所の実態調査を通じて、持続可能な社会の実現と地域資源を生かした農村地域の活性化に貢献します。

img_theme03.jpg

都市の子供たちが田の草取りを体験(三重県伊賀市,2012年6月23日撮影)

最近の主な業績

  • Doo-Chul KIM, Tuyen Thi Duong, Quang Nguyen, Hung The Nguyen (2021), “Does an Agricultural Products’ Certification System Reorganize Vegetable Farmers? A case of VietGAP in Lam Dong Province, Vietnam”, in Holly R. Barcus, Roy Jones, and Serge Schmitz(eds.) Rural Transformations: Globalization and its Implications for Rural People, Land, and Economies, CRC Press, Taylor and Francis.
  • Quang Nguyen, Doo-Chul Kim (2020), “Reconsidering rural land use and livelihood transition under the pressure of urbanization in Vietnam: A case study of Hanoi”, Land Use Policy, 99. 1-13. https://doi.org/10.1016/J.LANDUSEPOL.2020.104896
  • Quang Nguyen, Doo-Chul Kim (2019), “Farmers ’landholding strategy in urban fringe areas: A case study of a transitional commune near Ho Chi Minh City, Vietnam”, Land Use Policy, 83, 95-104. https://doi.org/10.1016/j.landusepol.2019.01.038
  • KIM, Doo-Chul(2018)“Transnational Migration and Rural Transition along China’s Borderland”, in Valeria Paul Carril et. al. (eds.), Infinite Rural Systems in a Finite Planet: Bridging Gaps towards Sustainability, Universidade de Santiago de Compostela, 426-431.
  • 生方史数編 『森のつくられかた—移りゆく人間と自然のハイブリッド』共立出版,2021年
  • Dinh, N. C., Ubukata, F., Tan, N. Q. and Ha, V. H. "Long-Term Improvement in Precautions for Flood Risk Mitigation: A Case Study in the Low-Lying Area of Central Vietnam". International Journal of Disaster Risk Science, https://doi.org/10.1007/s13753-020-00326-2, 2021.
  • Ubukata, F. "Environmentally Challenged Asia: in the Context of Backwardness and Diversity", In Goto, K. et al. eds. The Asian Economy: Contemporary Issues and Challenges. Routledge, Abingdon and New York. 233-249. 2020.
  • Ubukata, F. and Hoang, T. Q. “Local Struggles for the Coproduction of Natural Capital: Payment for Forest Environmental Services in Central Vietnam”, In Devlin, J. F. ed. Social Movements Contesting Natural Resource Development. Routledge, Abingdon and New York. 83-97. 2019.
  • 本田恭子「コミュニティ・エネルギーを体現する地域社会の形成」小林久編『再エネで地域社会をデザインする』京都大学学術出版会、2020年
  • 本田恭子・松岡崇暢・岩本光一郎「中国地方の小水力発電の運営実態と固定価格買取制度の影響 : 事業者の種類に着目して」農村計画学会誌,36,317-322,2017年
  • 本田恭子『地域資源保全主体としての集落―非農家・新住民参加による再編を目指して―』(財)農林統計協会,2013年
  • 本田恭子「地域住民組織と住民の自発的な河川管理が築く相補的関係の可能性―都市化地域における環境保全を目的とした地域共同管理の一形態―」村落社会研究ジャーナル,23(1),1-12,2016年

卒業生の進路