Economic Theory and Statistics

経済理論・統計講座 Economic Theory and Statistics

経済変動や産業構成といった現代の複雑かつ重要な経済問題を考察するために,必要とされる理論モデル分析や統計データ解析の能力を開発・伸展させることを教育・研究目的とします。ミクロ経済学,マクロ経済学,政治経済学や計量経済学などの経済理論や計量分析を学び,これらの理論や分析手法を応用することによって財政金融,国際経済,企業経済や地域経済などの諸問題を理論と実証の両面から洞察する能力を開発します。

It is the aim of the education and research in this program to develop and extend the capabilities of theoretical model analysis and statistical data analysis in order to examine contemporary complex, yet important, issues such as economic fluctuations and industrial composition. The economic theories and quantitative analytical methods of microeconomics, macroeconomics, political economy, econometrics and so on are studied, and students are assisted to develop the ability to gain insights into both theoretical and empirical aspects of a range of issues, such as finance and financial administration, the international economy, corporate economy, and local economy through the application of these theories and analytical methods.

授業科目
Subjects
社会経済学1・2
Social Economics1・2
社会経済学演習1・2
Seminar on Social Economics1・2
担当教員
Instructors
教授 和田 豊
Professor WADA Yutaka
最近の主たる研究・教育分野
Research Areas
これまでの研究は労働価値論の体系化が中心であり、著書『価値の理論』で残された若干の問題について研究を継続している。
My research has focused on the systemization of the labor theory of value and I am continuing to research a number of issues remaining from my publication Kachi no riron (Theory of Value).
授業科目
Subjects
マクロ経済学1・2
Macroeconomics1・2
マクロ経済学演習1・2
Seminar on Macroeconomics1・2
担当教員
Instructors
教授 横尾 昌紀
Professor YOKOO Masanori
最近の主たる研究・教育分野
Research Areas
経済や社会の動学的なシステムにおける非線形現象に関する研究。
Research into the non-linear phenomena of dynamic systems in the economy and society.
授業科目
Subjects
ミクロ経済学
Microeconomics
応用ミクロ経済学
Applied Microeconomics
ミクロ経済学演習
Seminar on Microeconomics
応用ミクロ経済学演習
Seminar on Applied Microeconomics
担当教員
Instructors
准教授 東 陽一郎
Associate Professor HIGASHI Youichiro
最近の主たる研究・教育分野
Research Areas
私は、ミクロ経済学、意志決定理論、特に意思決定理論を研究しています。意思決定理論の目的は、観察可能な行動(例えば消費や貯蓄の選択)を通じて、意思決定主体の意思決定プロセスに基礎を与え、経済モデルにおける帰結を分析することです。
My research area is microeconomics, decision theory especially, decision theory. The purpose of decision theory is to provide a foundation for the decision process of a decision maker through observable behavior, such as consumption-savings decisions, and to analyze the consequences for economic models.
授業科目
Subjects
国際経済学1・2
International Economics1・2
国際経済学演習1・2
Seminar on International Economics1・2
担当教員
Instructors
教授 澤木 久之
Professor SAWAKI Hisashi
最近の主たる研究・教育分野
Research Areas
主に非対称情報の下での戦略的貿易理論を研究しています。
My main research area concerns strategic trade policy under asymmetric information.
授業科目
Subjects
計量経済学1・2
Econometrics1・2
計量経済学演習1・2
Seminar on Econometrics1・2
担当教員
Instructors
准教授 生川 雅紀
Associate Professor NARUKAWA Masaki
最近の主たる研究・教育分野
Research Areas
時系列の統計的分析法とその応用
Statistical analysis of time series and its applications
授業科目
Subjects
応用計量分析1・2
Applied Econometric Analysis1・2
応用計量分析演習1・2
Seminar on Applied Econometric Analysis1・2
担当教員
Instructors
教授 張 星源
Professor ZHANG Xingyuan
最近の主たる研究・教育分野
Research Areas
応用計量分析の手法およびイノベーション等の実証分析に関する研究。
Research into methods of applied econometric analysis and the empirical analysis of innovation and so on.
授業科目
Subjects
公共経済学
Public Economics
教育経済学
Economics of Education
公共経済学演習
Seminar on Public Economics
教育経済学演習
Seminar on Economics of Education
担当教員
Instructors
教授 古松 紀子
Professor FURUMATSU Noriko
最近の主たる研究・教育分野
Research Areas
高等教育政策について公共経済学の観点から理論的に研究しています。
I conduct theoretical research into higher education policy from the viewpoint of public economics.
授業科目
Subjects
確率モデル論1・2
Probability Model1・2
確率モデル論演習1・2
Seminar on Probability Model1・2
担当教員
Instructors
教授 村井 浄信
Professor MURAI Joshin
最近の主たる研究・教育分野
Research Areas
経済における確率モデルの理論と統計力学を用いた界面の研究。確率論とその経済モデルへの対応についての教育。
Research on the application of probability theory to economics and an analysis of the interface of spin system using statistical mechanics. Deliver lectures on probability theory and its appication to economic models.