医学科

ホーム > 医学科

県外移動の手続きについて

2021年7月16日更新





新型コロナ感染症防止対策のための夏季休業中の行動と県外移動については,こちらをご確認ください。
県外に移動するには,事前申請が必要です,県外移動は,帰省・不要不急でない事由(病院見学,各種
試験)が対象です。
観光目的は認められません。
各自,手続き漏れがないようにお願いします。


    ※2021年7月16日時点の「多発発生地域」
     北海道・埼玉・東京・千葉・神奈川・愛知・大阪・兵庫(尼崎市・西宮市・神戸市のみ)、福岡、
     沖縄、 および、海外「各国」


    

 ◎多発発生地域に移動される方は
  「多発発生地区移動報告フォーム」から申請してください。
     ※多発発生地域に移動される方は事前に申請が必要です。
     ※帰岡後には「帰岡後チェックリスト」から必ず報告をしてください。
     ※臨床実習として移動された場合は,「実習終了後チェックフォーム」での報告も必ずしてください。

  <前提>体調に異常がないこと
    ◎ワクチン2回接種者後14日間を経過した後に多発発生地域に移動した者は、感染対策の注意点を
     遵守した場合に限って、自宅待機および PCR 検査は不要です。
    ◎上記以外の者ワクチン未接種者は、14 日間(336 時間)の自宅待機、又は、市中の病院等での PCR 検査
     (鼻咽頭ぬぐい検査は4日(96時間)以上、唾液検査は5日(120時間)以上経過してから検査)
     を受け、陰性であれば鹿田キャンパス内での授業(講義・実習)に参加できます。


 ◎多発発生地域以外に移動される方は
  「県外(多発発生地域除く)移動報告フォーム」から報告してください。

    ※帰岡後には「帰岡後チェックリスト」から必ず報告をしてください。

  <前提>体調に異常がないこと
    ◎自宅待機不要です。


 移動先が多発発生地域か否かを問わず,岡山に戻られたら
  「帰岡後チェックリスト」より報告してください。


 ◎多発発生地域に移動され,ワクチン未接種者かつPCR検査を受けられる方は
  「PCR検査結果報告フォーム」から検査結果を必ず報告してください。


 ◎学外での臨床実習に参加された方は,臨床実習終了後に
  「実習終了後チェックフォーム」より報告してください。




 なお,上記以外の各種フォームについては,こちらからご確認ください。



 ※学外実習については,以下をご確認ください。
   岡山大学医学部学生が科目内学外実習を行うための6つの必要条件
   実習中の注意点