中性子医療について

中性子線によって、
がん細胞を効率よく破壊する
最先端のがん治療法です。

中性子線とホウ素薬剤を利用した、最先端の医療技術です。
その中でも私たちはBNCT【ホウ素中性子捕捉療法】に取り組んでいます。BNCTとは、がん細胞に送り込んだ「ホウ素薬剤」へ低エネルギー中性子線を照射することで正常細胞にあまり損傷を与えずがん細胞へ大きなダメージを与える放射線治療です。がん細胞と正常細胞が混在している悪性度の高いがんに特に効果的で、患者さんの生活の質(QOL)が高い治療法でもあります。

ホウ素中性子捕捉療法【BNCT】について

がん細胞にホウ素薬剤を投与し、そのがん細胞にエネルギーの低い中性子線を照射することによりがん細胞内で「核反応」を起こさせます。
その際に発生した2つの粒子(α線とLi原子核)ががん細胞に致命的なダメージを与えることによりがん細胞のみ殺傷するという治療法です。

  • がん細胞に取り込まれやすいホウ素薬剤を投与。
  • 加速器を使ってエネルギーの低い中性子線を照射。
  • ホウ素と中性子が衝突した際、アルファ粒子とリチウム粒子が飛び、がん細胞を破壊。

ホウ素と中性子が衝突した際に飛ぶ、アルファ粒子とリチウム粒子の飛距離は、細胞1個の直径よりも小さいため、隣の正常細胞を損傷することなく、がん細胞のみを死滅させることが可能です。また、従来の放射線治療に比べ、照射回数が極めて少なく、1〜2回で済みます。患者さんの治療後のQOL(生活の質)が極めて良好に保てるほか、経済的負担の軽減にもつながると期待されています。
もともとBNCTの原理は1936年に米国で提唱されました。日本では1968年に研究用原子炉を使って臨床研究がスタート。
現行では、がん細胞と正常細胞が混在している悪性度の高い脳腫瘍や、皮膚がんの一種である黒色腫、頭頸部がんなどの治療が難しいがんの治療法としてその効果が注目されています。