研究について

がん治療の未来を切り拓くBNCTの
最先端研究を進めていきます。

中性子医療には「それぞれのがん細胞に適した「ホウ素薬」の研究開発」「患者さんの遺伝子情報に適応した薬剤選択」「低エネルギー中性子線を効率よく発生させる装置の開発」が重要とされています。NTRCではBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)を安全で確実な治療法へと確立させるため、薬剤開発の実践、中性子発生装置開発等、関連研究のサポートを行い、それぞれの研究の間を繋ぐお手伝いもします。

今まで行われてきたBNCTの実績を基に、現在の医療のあり方を見つめ、今の医療に適応した新しいホウ素薬剤の使い方を研究します。
その一つとして「がんゲノム医療」に注目し、ホウ素薬剤を「取り込む仕組み」の研究を進め、その研究結果をもとにその仕組みを持つがん細胞や、がん患者さんにホウ素薬剤の処方実践、開発していきます。
またBNCTで様々ながんに適応するためにも、がん患者さんのゲノム情報との関連を提案し、更なる新規ホウ素薬剤の研究開発を進めていきます。
これからのBNCT発展を必要不可欠となる中性子発生装置(加速器)の開発、中性子照射場の条件設定、その評価系確立に向けて照射実績を重ねていきます。
こうした情報やデータの国内外の研究者と共有し対外的に公表することで、IAEAと連携した新たな「国際標準治療」の設定につなげます。