トピックス

ホーム > トピックス > 【ライデンプログラム】倉敷市水島地域で学外研修を行いました。

【ライデンプログラム】倉敷市水島地域で学外研修を行いました。

5月23日、「地域文化研究」の第2回実地研修を、公益財団法人水島地域環境再生財団(みずしま財団)にご協力をいただき、倉敷市水島地域で行いました。今回の研修では、みずしま財団の塩飽敏史理事がコーディネータを務めてくださり、地域開発・公害の発生とそれにまつわる取組み、また、まちづくりに関する展望を学びました。また、岡山県立倉敷古城池高等学校の高校生との交流会もあり、様々な立場から多くの話を聞くことができました。
実地研修の3回目は、人間国宝の備前焼作家・伊勢崎淳(「崎」の字は正しくは「立」を含む字です)先生と、備前焼ミュージアム、鷹取醤油株式会社にご協力をいただき、備前市で行う予定です。