外国人留学生の皆様へ

ホーム > 外国人留学生の皆様へ > その他留学生生活ガイド

学外生活 ‐岡山での生活‐

Campusbook

1.国民の祝日

国民の祝日
1月1日
元日
1月の第2月曜日
成人の日
2月11日
建国記念の日
3月20日*
春分の日
4月29日
昭和の日
5月3日
憲法記念日
5月4日
みどりの日
5月5日
こどもの日
7月の第3月曜日
海の日
8月11日
山の日
9月の第3月曜日
敬老の日
9月23日*
秋分の日
10月の第2月曜日
体育の日
11月3日
文化の日
11月23日
勤労感謝の日
12月23日
天皇誕生日

+ 国民の祝日が日曜日にあたる場合は、その後の月曜日は振替休日になります。
年度により1日または2日移行します。.

2. 日常生活

 (1) 外貨を日本円に交換する場合

日本円が必要な場合は、銀行又は、郵便局で外貨を日本円に交換してくれますので、それぞれの窓口に申し込んでください。(銀行、郵便局によっては、交換できない外貨があります。)

紙幣 10,000 / 5,000 / (2,000) / 1,000
硬貨 500 / 100 / 50 / 10 / 5 / 1
 (2) 郵便

手紙、はがきなどを送る場合は、近くのポストに投函してください。 手紙に貼る切手、はがきは、郵便局やコンビニエンスストアで購入できます。 小包を郵送する場合、または、郵便局から通知が届いた場合は、通知を持って該当の郵便局に行ってください。

 (3) 銀行

日常生活で、多くの現金を持ち歩いたり、部屋に保管しておくと危険ですので、銀行に口座を開設して預けておくと安心です。また、奨学金の受給、光熱費等の支払いに利用できます。銀行のキャッシュカードを持っていれば、大学構内や市内のキャッシュコーナー(ATM)からお金を引き出すことができ、大変便利です。

 (4) 電話

大学構内や市内に公衆電話が設置されており、硬貨またはテレホンカード(プリペイド)で、利用することができます。

  • 岡山市内へ電話する場合:電話番号
  • 岡山市外へ電話する場合:市外局番+電話番号
  • 国際電話をする場合:001または0061または0033 + 010 + 国番号 + 市外局番 + 電話番号
 (5) バス・タクシー
バス: 日本のバスは、車掌が乗車していません。乗車する場合は、バスの後方から乗車します。乗車時に、ドア近くの自動発券機から整理券が出てきますので、整理券を取ります。降りる時には、表示板に示された整理券の番号ごとの運賃と整理券を、運転席の横の料金箱に入れ、前方の出口から降ります。
タクシー: 日本のタクシーは、メーター制になっていますので、安心して利用できます。利用する場合、近くのタクシー乗り場、または、走っている空車のタクシーに手を挙げれば止まってくれます。また、電話で迎車をお願いすることもできます。
 (6) 非常事態

警察: 犯罪または交通事故の通報は、市外局番なしの110番(通話料無料)です。
消防署: 火事の通報、または、救急車を呼ぶ場合は、市外局番なしの119番(通話料無料)です。

上記の番号は、日本全国どこでも24時間体制で、近くの警察または消防署につながります。 なお、携帯電話からも市外局番なしで直接かけられます。

3.健康と安全

4. アルバイト

在留資格が「留学」の留学生は、原則として、就労や、学業に関係のない活動に従事することは認められません。しかし、仕送りだけでは、留学中の学費や生活費の支払いが困難な学生は、一週間28時間以内まで就労することができます。アルバイトをする必要がある学生は、地方入国管理局で、「資格外活動許可」を申請する必要があります。夏季休業等の期間中は、一日8時間以内の就労に限られます。

申請手続きには、以下の書類が必要です。
  1. 資格外活動許可申請書(法務省のウェブサイトからダウンロード、または、グローバル・パートナーズで書類を受け取ってください)
  2. パスポート
  3. 在留カード

長期休業期間の就労時間の上限は一日8時間以内ですが、勉学や健康の妨げになるほど労働に従事してはいけません。
風俗営業及び風俗営業に関連する事業所(バー、スナック、パチンコ店、麻雀荘、ゲームセンター等)でアルバイトはできません。
日本での生活に慣れるために、大学では、来日後3ヶ月間はアルバイトをしないことを推奨しています。
必ず、指導教員と今後の予定について相談し、アルバイトの許可を得てください。
アルバイトをしている間は、必ず在留カード、または、資格外活動許可のコピーを持ち歩いてください。


※アルバイトは、生協の掲示板でも見つけることができますが、新入留学生は、アルバイトを始める前に 「新入留学生のための学生生活オリエンテーション」 を受けなければなりません。