外国人留学生の皆様へ

ホーム > 外国人留学生の皆様へ > アルバイト

アルバイト

1. アルバイト

勉学目的の「留学」の在留資格で日本に滞在している留学生は、原則として、アルバイトを含む報酬を得る活動に参加することができません。しかし、多くの留学生は空いた時間にアルバイトをして、授業料や生活費をまかなっています。近年は、約80パーセントの留学生がアルバイトをしています(JASSO調査)。アルバイトを希望する場合は、入国管理局で資格外活動許可を取得しなければなりません。そして、留学の在留資格の本来の目的である勉学に支障がない範囲でアルバイトに従事するよう注意してください。1週間の労働時間は28時間以内に限られています。さらに、長期の夏季休業などの期間は、1日8時間まで可能ですが、1週間の労働時間は同じく28時間以内に限られます。


コンビニエンスストアの従業員
(レジ、在庫管理、清掃、商品の発注)

時給750円
(例)
1日3時間×週3日×月4週間=1ヶ月36時間
36時間×750円=1ヶ月27,000円


語学学校での助手
(英語やその他の言語の講師、講師助手)

時給1,000円
(例)
1日3時間×週2日×月4週間=1ヶ月24時間
24時間×1,000円=1ヶ月24,000円

2. アドバイス

必ずしも興味のある分野でのアルバイトが見つかる保証はありません。また、応募すれば必ず雇用されるとは限りませんので、アルバイトの収入に頼りすぎないよう、留学に係る費用をよく考え、それに応じた計画を立てましょう。 岡山大学では、来日後、最初の3ヶ月はアルバイトをしないことを薦めています。まずは、日本の生活や大学での生活に慣れることが大切です。その後、指導教員と今後の予定について相談の上、アルバイトを始める前に指導教員の許可をもらいましょう。