ニュース

ホーム > ニュース > 学生二人が日本代表として世界ユースサミットOne Young World 2018に参加

学生二人が日本代表として世界ユースサミットOne Young World 2018に参加

本学文学部4年の阿部若奈さんとマッチング・プログラム(MP)コース4年の大内田裕美さんが、オランダのハーグ市で10月17日~20日に開催された世界ユースサミットOne Young World(OYW)2018に日本代表団の一員として参加しました。本学は、2015年タイ・バンコク市で開催されたサミットから公式パートナーとして参画し、毎年2人の学生代表と、オブザーバーとして横井篤文副学長(海外戦略担当)を派遣しています。本学の出場は、15年のタイ・バンコク市、16年のカナダ・オタワ市、17年の南米コロンビア・ボゴタ市に続いて4大会連続です。
 今回のサミットは、9月19日に駐日オランダ大使館で日本代表団壮行会を開催したほか、世界平和の象徴である国連の常設機関「平和宮(国際司法裁判所)」で行われたサミット開会式では、オランダのマキシマ王妃がスピーチするなど、オランダ政府やオランダ王室も積極的に関わり、国を挙げての歓迎行事が開かれました。
 阿部さんと大内田さんは、全体セッションやワークショップ、ネットワーキング(交流会)などに参加。国連の持続可能な開発目標(SDGs)を枠組みとしながら、気候変動から戦争と平和、教育、人権、リーダーシップ、グローバルビジネスなど、多岐にわたるディスカッションを行いました。全体セッションでは、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌス博士やユニリーバのCEOポール・ポールマン氏をはじめ、現職の世界のリーダーや各国代表者らのスピーチを聴講しました。また、SDGsを推進する「ヤングリーダーズ・イニシアティブ」 を率いるジャヤトマ・ウィクラマナヤケ国連ユース担当事務総長特使が、国連と世界ユースサミットOne Young World、ならびに世界を代表する企業と協業してSDGsに貢献する若手らの事業やプロジェクトを支援するためのプラットフォーム「Lead 2030」を発表するなど、グローバルな産学官連携の最新の取組にも触れることが出来ました。
 今年で第9回目となるOYWは、世界193ヶ国からおよそ1,800人が出席。2019年度はテリーザ・メイ英首相がOYW設立10周年を踏まえて「ホーム」としてのイギリスでの開催宣言をしており、首都ロンドン市で開催される予定です。


世界ユースサミットOne Young World(OYW)
 2009年の世界経済フォーラム「通称ダボス会議」(World Economic Forum、本部:スイス・ジュネーブ)において宣言され、2010年イギリス・首都ロンドン市で開催されてから、年に一度、世界190カ国以上から各国を代表する次世代の若いリーダーたち(18~30歳)が一堂に会する世界最大級のサミットです。世界が直面する地球規模の課題に対し、世界的指導者達の下、次世代リーダーたちが連携して問題を解決するための全世界合同産官学連携の次世代リーダー育成プロジェクトとして、その規模とネットワークを急速に拡大し続けています。
 サミット参加者は「OYWアンバサダー」の称号が授けられるとともに、世界中の約1万人の有能な若者たちと長年にわたる人脈を広げることができます。
 OYWカウンセラーとして、ノーベル平和賞受賞者でグラミン銀行創設者のモハマド・ユヌス氏をはじめ、首相・大統領、政府関係者、米・フォーチュン誌が発表する世界の企業ランキング「フォーチュン 500」のリーディングカンパニー、文化・スポーツ界、メディア界、NGO、起業家やアーティストなど、さまざまな分野を代表する世界的指導者や著名人などが支援しています。


平和宮(国際司法裁判所)での開会式


オランダのマキシマ王妃によるオープニングスピーチ


会場の様子


学生代表らの記念撮影