岡山大学教職員の皆様へ

ホーム > 岡山大学教職員の皆様へ > 現在募集中の助成事業(その他)

各種国際研究助成事業について
職員向け研修プログラムについて
国際交流協定について
研究員の受け入れについて
留学生の受け入れについて
日本人学生の海外留学について
関連リンク集
外国人短期研修生・外国人短期滞在者システム関係

現在募集中の助成事業(その他)

※各自で直接応募(申請)された場合は、下記により、国際部国際企画課 kokusai@cc.okayama-u.ac.jp まで
メールによりご連絡ください。
また,採択された場合も同様にご連絡ください。

【メール件名】
応募された場合:「研究助成金応募」
採択された場合:「研究助成金採択」

【メール本文記載内容】
1.氏名
2.所属
3.職名・役職
4.e-mailアドレス、内線電話番号
5.助成団体名および助成金の名称
6.申請日あるいは採択日
7.申請額あるいは採択額

※教職員が個人的に受け入れた助成金であっても、その助成金が当該教職員の本学における職務上の
教育研究に対するものであるときは、本学に寄付のうえ、本学の会計規則に基づき経理しなければなりません。
(本学への寄付の義務)

国立大学法人岡山大学寄付金受入規程
寄付金の受入手続について

※「各自申請」となっている助成には所属機関長の公印を必要とするものも入っています。募集要項・申請書等に注意してください。
津島地区以外の方は申請期限,提出先等を必ず部局担当係にご確認ください。

R1.11.1更新

助成区分:■派遣 ◆招へい ◇国際会議等開催 ●国際共同研究 ☆その他
 
助成団体・
事業名等
対象
(研究領域等)
応募資格等 助成金額 採択予
定件数
申請期限 申請方法 要項・申請書類等 掲載日
公益財団法人 池谷科学技術振興財団
■派遣
◆招へい

国際交流等助成
【派遣】
過去に当財団の先端材料及びこれに関連する科学技術 の研究助成を受けた者のうち、海外でその研究成果を発表するための旅費
過去に当財団の研究助成を受けた研究者で、その成果を海外で発表する予定のある者 1件あたり 最大50万円(間接経費10%を含む)。
助成期間原則として2020年4月1日 ~ 2021年3月31日の1年間。
2019年10月1日~11月30日24時
各自申請
募集要項・ダウンロード   1.9.19
【招へい】
先端材料及びこれに関連する科学技術分野において研究活動を行う研究者の招聘
応募する研究者が研究計画の推進に責任を持ち、助成金の管理及び助成期間満了後の報告を確実に行えることを条件とする。
公益財団法人
国際文化交流事業財団

■派遣
◆招へい

令和2年度人物交流派遣・招聘事業
 
 
【派遣】
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家等が、海外に渡航して行う活動を助成。
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている日本国籍(現に国内で活動している者)の学者、研究者、教育者又は芸術家等(大学院生等学生は含まない。) 派遣・招聘とも、1名につき、
東アジア10万円、
西アジア15万円、
ヨーロッパ・アフリカ・南米地域20万円、
北米及びその他の地域10万円。
(これを超える額は自己負担となります。)

※派遣・招聘の期間:
令和2年4月1日から令和3年3月31日迄の間で、原則として1ヶ月以内の期間。
合わせて10名程度  2019年12月15日



 
各自申請
 
募集要項ダウンロード
 
1.8.1
 
【招聘】
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等に、日本国内で活動してもらうための招聘を助成。
学術、文化(文学、芸術、言語等)又は教育に関する活動に携わっている外国の学者、研究者、教育者又は芸術家等(大学院生等学生は含まない。)
公益財団法人
立石科学技術振興財団

■派遣

2020年度前期国際交流助成
 
 
エレクトロニクス及び情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進するための研究活動を行う研究者の海外派遣、特に国際会議での論文発表及び短期在外研究のための海外派遣に対し助成
 
① 日本国に居住する40歳以下(申請日の満年齢)の研究者とし、国籍・所属機関を問いません。(研究者とは、助成対象期間に研究機関に所属し研究に従事するもの、もしくは博士後期課程(または相当)に在学する者。
②同一または重複内容で、現在公的機関からの補助金や他の財団等から既に助成を受けているか、または、受ける予定になっている個人またはグループのメンバーはご遠慮ください。 
国際会議発表:1件 40万円以下(直接経費)

※日本出発日:2020年4月1日~9月30日
合計10件程度  2019年10月1日~2019年12月20日(郵便局消印有効)



 
各自申請
 
※募集要項のダウンロードは募集期間の1週間程度前から可能となるということです。近くなりましたら、財団ウェブサイトよりご確認ください。
 
1.7.25
 
短期在外研究:1件 70万円以下(直接経費)

※日本出発日:2020年4月1日~9月30日。30日以上90日以下の滞在と渡航が対象。
公益財団法人
矢崎科学技術振興記念財団

■
2019年度国際交流援助
科学技術分野 研究機関※に勤務する原則35歳以下の若手研究者(学生,院生は除く)で,現在まで引き続き3年以上日本に居住し,かつ研究機関長の推薦を受けた方に対し下記の活動を援助対象とします。ただし,当該財団より援助を受けた研究者は,受けた年度により起算して3年間は応募することができません。
※研究機関:高等専門学校,短期大学・大学(該当する学部),大学院(該当する研究科),大学付属研究機関,国公立試験研究機関,その他当該財団が認めた研究機関
(1)国際研究集会(学会等)への参加
国際研究集会に研究発表のために渡航する渡航費用

(2)海外での国際共同研究への参加
共同研究の相手より招かれて渡航する渡航費用
【応募期間】
(前期)
2019年4月1日~2019年4月20日
渡航対象期間:2019年7月1日~10月末日

(中期)
2019年5月1日~2019年8月20日
渡航対象期間:2019年11月1日~2020年2月末日

(後期)
2019年9月1日~2020年1月10日
渡航対象期間:2020年3月1日~2020年6月末日
 各自申請 募集要項・ダウンロード   31.4.4
公益財団法人
金型技術振興財団

■◇
2019年度海外交流助成
海外で開催される金型関連技術および金型を利用する成形関連技術,それらの基礎となる工学分野の国際会議(研究発表,招待講演,座長などの役割がある事)への出席,及び技術調査等への参加,並びに国際会議開催に対し助成する
2019年4月1日~2020年5月31日の期間に開催される国際会議等が対象。
※応募は,助成対象期間内における終了済みの国際会議等も申請可。
【国際会議等への参加】
国内の大学,高等専門学校,並びにこれらに準ずる研究機関等の若手研究者・技術者,大学院生,学部生。 
1件30万円以内
総額120万円
5件程度  【応募期間】
(前期)
2019年4月1日~2019年7月31日

(後期)2019年9月1日~2019年12月31日 
 各自申請  募集要項・ダウンロード 31.4.4
【国際会議開催】
主催関係機関の責任者,又はこれに準ずる方。 
総額60万円 1件~2件程度
公益財団法人
東電記念財団

■
国際技術交流援助
(海外渡航・滞在)
広く将来の電気・エネルギー分野の発展に資する技術の向上を目的とした調査・研究,成果発表,共同研究などのための海外渡航・滞在 ・国内の大学,または同等の研究機関に所属する若手研究者
・学生の場合は,応募および受給双方の時点で国内の大学院生であること(学部生不可)
・2020年4月1日時点40歳未満であること 
渡航費・宿泊費・会議登録費の一部
(北南米欧州20万円,オセアニア15万円,ハワイ・アジア圏10万円を基準に財団が決定)
各期(上期・下期)10件程度 【上期】
2019年5月31日(金)24:00
〔助成/援助/給付実施時期・期間〕
2019年8月~2020年4月
各自申請  募集要項・ダウンロード   31.4.4
【下期】
2020年1月31日(金)24:00
〔助成/援助/給付実施時期・期間〕
2020年4月~2020年10月