岡山大学教職員の皆様へ

ホーム > 岡山大学教職員の皆様へ > 現在募集中の助成事業(その他)

各種国際研究助成事業について
職員向け研修プログラムについて
国際交流協定について
研究員の受け入れについて
留学生の受け入れについて
日本人学生の海外留学について
関連リンク集
外国人短期研修生・外国人短期滞在者システム関係

現在募集中の助成事業(その他)

※各自で直接応募(申請)された場合は、下記により、国際部国際企画課 kokusai@cc.okayama-u.ac.jp まで
メールによりご連絡ください。
また、採択された場合も同様にご連絡ください。

【メール件名】
応募された場合:「研究助成金応募」
採択された場合:「研究助成金採択」

【メール本文記載内容】
1.氏名
2.所属
3.職名・役職
4.e-mailアドレス、内線電話番号
5.助成団体名および助成金の名称
6.申請日あるいは採択日
7.申請額あるいは採択額

※教職員が個人的に受け入れた助成金であっても、その助成金が当該教職員の本学における職務上の
教育研究に対するものであるときは、本学に寄付のうえ、本学の会計規則に基づき経理しなければなりません。
(本学への寄付の義務)

国立大学法人岡山大学寄付金受入規程
寄付金の受入手続について

※「各自申請」となっている助成には所属機関長の公印を必要とするものも入っています。募集要項・申請書等に注意してください。
津島地区以外の方は申請期限、提出先等を必ず部局担当係にご確認ください。

R2.3.27更新

助成区分:■派遣 ◆招へい ◇国際会議等開催 ●国際共同研究 ☆その他
 
助成団体・
事業名等
対象
(研究領域等)
応募資格等 助成金額 採択予
定件数
申請期限 申請方法 要項・申請書類等 掲載日
公益財団法人野村マネジメント・スクール
☆その他

2020年度学術研究支援(研究助成)
経営者教育、経営学、ファイナンス、ITマネジメント等に関する調査・研究プロジェクトに助成します。純粋にアカデミックな研究も対象になりますが、企業経営との関連においてより実際的・実務的な研究を優先します。
海外出張を含む調査・研究は助成の対象となりますが、海外在住の研究者をわが国に招聘するプロジェクトは対象としておりません。
わが国の大学等において常勤の職に就き、経営者教育、経営学、ファイナンス、ITマネジメントを中心とする分野の研究に従事する個人、または当該資格を有する者を研究代表者とするグループ。共同研究者の資格は特に制限しません。 1件当たりの限度額:100万円

助成金の総額:最大1,000万円をめど
- 4月15日(水)~
6月30日(火)17時(必着)
各自申請 募集要項・ダウンロード
2.3.25
※募集要項のリンクを追記(2.3.27)

公益財団法人発酵研究所
◆招へい
■派遣

2020年度研究者招聘・留学助成
【助成対象】
1:
微生物に関する研究を行う目的で来日する外国人研究者
2:微生物に関する学会での発表を目的として来日する外国人研究者
3:微生物に関する研究を行う目的で外国へ留学する日本人研究者

【研究課題】
①微生物の分類に関する研究(分離、分類、保存)
②微生物の基礎研究(生化学、構造、遺伝、生理、生態、進化など)
助成対象1:外国人研究者の招聘を希望する日本人研究者
助成対象2:学会の責任者(学会組織委員長等)
助成対象3:留学希望者本人
助成対象1:最高25万円/月を支給し、助成期間は1年以内とする。
助成対象2:1名あたり20万円を限度として支給する。
助成対象3:助成対象1に同じ
- 4月21日12時 各自申請 募集要項・ダウンロード 2.3.24
公益財団法人第一三共生命科学研究振興財団
■派遣

2021年度海外留学奨学助成
・基礎的生命科学分野
・臨床的生命科学分野
・創薬生命科学分野
(1) 生命科学、特に疾病の予防と治療に関する諸分野の基礎的研究並びに臨床への応用的研究に意欲的に取り組んでいる日本国在住の若手研究者(生命科学分野の博士の学位を有する者、或いはこれと同等以上の研究能力を有する者)を対象とします。
(2) 2020年4月1日現在の年齢が35歳以下であること。但し、6年制学部卒業者は37歳以下を対象とします。
(3) 海外の研究機関で1年間以上研究に従事することを計画しており、原則として2021年4月以降に留学する研究者。

※詳細は募集要項をご確認ください。
月額25万円を2年間、2021年4月から隔月に計600万円。
(税金、保険料は個人負担。)

助成期間は2021年4月1日~2023年3月31日。
5件以内 学内締切
【津島地区(薬学系除く)】
6月5日(金)

【鹿田地区及び薬学系教員】
6月9日(火)
研究推進課必着
■津島地区(薬学系除く)
左の期日までに申請書類一式を国際部国際企画課までお送りください。
推薦件数の制限(自然科学研究科長1件、環境生命科学研究科長1件、医歯薬学総合研究科長1件)があるため、応募者多数の場合は学内選考を行います。
なお、財団の指定する推薦者による推薦書の研究科長公印は選考後に押印予定のため、押印は不要です。
※医歯薬学総合研究科の先生方は、岡山大学病院研究推進課に詳細をご確認ください。
募集要項・ダウンロード

海外留学奨学研究助成推薦書様式ダウンロード
2.3.24
公益財団法人八雲環境科学振興財団
■派遣
◆招へい

国際研究交流助成
令和2年6月1日から令和3年5月31日までに出発帰着する下記の派遣又は招聘。

国内外で開催される環境科学に関する国際研究集会での発表、又は共同研究を目的とした、海外研究者の招聘。
岡山県内の大学等の研究機関に所属する研究者(博士課程(後期)の大学院生を含む) 総額…100万円程度

1件当たり助成金…20万円以内
5件程度 2020年4月24日(金)必着
各自申請 募集要項・ダウンロード 2.3.13
公益財団法人村田学術振興財団
■派遣

海外派遣援助
【自然科学】
エレクトロニクスを中心とする研究分野に関する海外での研究活動、あるいは海外で開催される国際会議、シンポジウム等で研究発表する場合の海外派遣
①日本国内に在住する方(国籍不問)で、海外での研究活動を行うにあたり、受入機関の承諾を得ている方、又は申請中であるが受入承諾が得られる見込のある方。

②日本国内に在住する方(国籍不問)で、海外で開催される国際会議、シンポジウム等で研究発表するにあたり、受入承諾を得ている方、又は申請中であるが受入承諾が得られる見込のある方。

※出発期間:2020 年6 月~2021 年6 月の間に出発予定の方

派遣期間:通例3 ヶ月以内
①海外での研究活動については1 件あたり200 千円から500 千円程度

②国際会議参加費用については1 件あたり200 千円から300 千円程度

※ 海外派遣援助における「国際会議参加」への渡航先別 助成上限額

渡航先:欧州・中東・アフリカ
上限300 千円

渡航先:アジア・オーストラリア・南北アメリカ
上限200 千円
【自然科学】
80件

助成総額
20,000千円
【電子申請
2020年3月9日(月)~2020年4月3日(金)

【書類提出】
2020年3月9日(月)から2020年4月8日(水)必着

※電子申請の後、書類の郵送が必要ですのでご注意ください。
各自申請 募集要項・ダウンロード 2.3.11
【人文・社会科学】
国際化にともなう法律、経済、社会、文化等の諸問題に関する海外での研究活動、あるいは海外で開催される国際会議・シンポジウム等で研究発表する場合の海外派遣
【人文・社会科学】
30件

助成総額
8,000千円
公益財団法人大澤科学技術振興財団
■派遣
◆招へい

2020年度 国際交流の助成
金属及びその他新材料に関する、切削、研削等の機械加工の分野及びこれらの基礎となる理工学の諸分野。
上記対象分野の国際学会での講演又は発表を主としますが、この趣旨に沿った外国在住の研究者の招聘も対象になります。
国際学会出席の場合には講演又は発表が必要条件になります。単なる出席は対象となりません。
2020年8月から2021年7月までの間に海外出張又は招聘するものとします。
国内の大学、研究所等非営利の研究機関に所属する研究者。
正規の職員であれば国籍は問わない。
留学生、大学院生は対象外。
過去に採択された方も応募可能。
国際交流の助成
最大30万円
10件程度 2020年4月1日~2020年5月11日 各自申請 募集要項・ダウンロード 2.3.4
国際交流の助成(招聘)
最大50万円
2件程度
公益信託 日本動脈硬化予防研究基金
◇国際会議等開催

2020年度 学会助成
次の課題に関して、海外から3名以上を招聘して開催する国際学会、国際研究会等の開催費を助成します。

課題 : 動脈硬化と合併症の予防及び治療法
日本国内の大学、非営利の医学研究機関に所属する研究者。

前年度助成を受けた方、過去2回助成を受けた方は除きます。
1件当たり50万円以内、総額200万円以内 原則4件 2020年5
月15日(金)必着
左記の期限までに国際部国際企画課宛に申請書原本をお送りください(必着)。
なお、応募は、原則として、1機関(大学・法人単位)1名(または1グループ)となるため、応募件数多数の場合は、学内選考をさせていただく予定です。
募集要項・ダウンロード 2.2.13
公益財団法人中山隼雄科学技術文化財団
■派遣

2019年度第2回国際交流助成
遊び・ゲーム等に関する国際会議に参加し、研究成果を発表する者。(単なる参加だけの場合は助成対象としません。)

※参加期間:2020年6月1日から11月30日の半年間
国内の大学院、大学、短大、高等専門学校、専門学校及び非営利の研究機関等に所属する研究者、又はこれらの研究者を代表者とする研究グループ
※研究者には大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し、指導教官・教員の推薦が必要です。
総額 112万円以内
- 2020年4月15日(水)  各自申請
募集要項・ダウンロード 2.1.23