岡山大学教職員の皆様へ

ホーム > 岡山大学教職員の皆様へ > 民間アパート契約時の連帯保証人について

各種国際研究助成事業について
職員向け研修プログラムについて
国際交流協定について
表敬訪問・記念品申請
研究員の受け入れについて
留学生の受け入れについて
日本人学生の海外留学について
関連リンク集
外国人短期研修生・外国人短期滞在者システム関係

アパート連帯保証人の手続きについて

 日本で部屋を借りる場合,一般的に連帯保証人が必要です。岡山大学では,保証人を見つけることが困難な留学生のために,大学が連帯保証を行う制度(機関保証)があります。
 条件や手続きは以下のとおりです。

1.機関保証の引受条件

 岡山大学が連帯保証を引き受けるためには,以下すべて条件を満たす必要があります。

①岡山大学に在籍する「留学生」であること。
  ※研究員や在留資格が「留学」以外の場合は,引き受けられません。

②同居人がいる場合は,家族又は本学留学生であること。
  *日本人学生や他大学学生との同居は不可。

③在日親族等,他に保証人を引き受けるべき者がいないこと。

④賃貸借契約期間が,現課程の在籍期間内であること。自動更新になっていないこと。
  ※進学予定であっても,進学が決定するまでは,今の課程の在籍期間内で契約期間を設定してください。

⑤月額家賃(管理費等を含む)が10万円未満であること。

⑥保証期間中は「留学生住宅総合補償」に加入すること。
(1年間 4,000円,2年間 8,000円 期間は在籍期間に併せてグローバル・パートナーズで指定します。)
  (参考)留学生住宅総合補償案内ムービー

⑦「誓約書」,「個人情報開示承諾書」,「代理権授与書」の記載内容に同意すること。

2.手続き方法

 グローバル・パートナーズで手続きを行います。留学生には,以下のページを案内していただくか,グローバル・パートナーズに行くようにご指導ください。

  (参考)アパート連帯保証人制度

3.保証期間中の注意事項について

 岡山大学が機関保証をする期間中は,留学生に以下ルールを守っていただくようになります。ルール違反があった場合は,岡山大学の機関保証をとりやめ,アパートからも退去してもらうこともあります。

①毎月1回,グローバル・パートナーズ(津島キャンパス以外の場合は,各教務担当)で,在籍確認のサインをすること。
②家賃は,毎月期限までに支払うこと。
③期間中を通して「留学生住宅総合補償」に加入すること。
④以下の場合は,必ずグローバル・パートナーズに届け出をすること。

  • 連絡先の電話・メール等を変更した場合
  • 一時帰国する時や,居所を2週間以上不在にする場合
  • 同居人ができた場合,同居人を変更する場合
  • 退学・休学をする場合
  • 在留資格に変更がある場合
  • 転居する場合

4.情報提供のお願い

 留学生が大学に機関保証を依頼する際に,申請書に指導教員の先生のサインをもらってくることになっています。これは,先生方に金銭的な保証をお願いするものではなく,何か問題が発生した際に,留学生に対する教育的な指導について協力をお願いしたいというものです。
 また,保証を引き受けた留学生が,行方不明・音信不通になっていないかどうかについて,グローバル・パートナーズにおいても定期的な在籍確認により確認をしていますが,できるだけ被害を最小限に抑えるため,日頃から留学生と一番よく接している指導教員の先生方からの情報提供が必要です。
 1ヶ月近く研究室に来ていない又は連絡がとれていない学生がいれば,グローバル・パートナーズにご連絡いただきますようご協力をお願いします。