Sample Company

News&Topics

2022/07/20
赤木先生が代表を務められる学術変革領域「挑戦的両性花原理」がスタートしましたNEW
2022/03/24
堀内綾乃さん(学部4年生)が令和3年度園芸学会秋季大会で優秀発表賞を受賞しましたNEW
2022/03/24
桒田恵理子(修士1年生)さんが第4回植物インフォマティクス研究会で優秀発表賞を受賞しましたNEW
2022/03/24
AIで果実の遺伝子発現を予測するシステム開発に関する論文がPlant Cell誌に掲載されましたNEW
2022/03/24
榎那津美さん(学部4年性)が農学部長を受賞しましたNEW
2022/03/24
榎那津美さん(学部4年生)が卒業生総代に選ばれましたNEW
2022/03/24
増田佳苗さん(博士課程3年生)が研究科長賞を受賞しましたNEW
2022/03/24
カキにおける両性花への先祖返りに関する論文がNature Plants誌に掲載されましたNEW
2021/08/01
赤木先生が研究教授に昇格されました。
2021/03/28
久保先生が園芸学会賞を受賞されました。
2020/11/26
赤木先生がカキ果実の写真から内部障害を見抜くAI技術を開発し、Plant and Cell Physiology誌に掲載されました。
2020/12/15
2年連続で岡大農学部が「日本農学進歩賞」受賞者輩出:赤木先生と門田先生(ゲノム遺伝解析学)が一緒に植樹を行いました。
2020/11/01
赤木先生がJSTさきがけ[植物分子]2020年度課題に採択されました。HOT
2019/10/10
赤木先生がカキ全ゲノム解析を発表されました。
2019/10/10
赤木先生が農学進歩賞を受賞されました。
2019/10/01
公開。
2019/08/06
キウィフルーツの性決定分子機構についての論文がNature Plantsに掲載されました。
2019/04/17
赤木先生が文部科学大臣表彰を受賞されました。
2019/04/01
赤木先生が農産物利用学の准教授として着任されました。

About us

農産物、特に果実や野菜の生鮮食料品では流通・貯蔵中の量的および質的損失は現在でも膨大な量に上っている。この点を改善し生産された青果物を安定的かつ効率的に供給するため、農産物の流通・貯蔵中の管理技術の確立・改善は緊急かつ重要な課題である。本教育研究分野では、果実や野菜・花を中心として、その基本的な成熟・老化過程について分子生物学的手法及びタンパク質工学的手法を用いて解析している。近年は果実成熟の支配的要因であるエチレンの情報伝達系、花の受精に関与する遺伝子やタンパク質の解析を行い、流通技術開発・改良、優良品種育成の基礎となる研究を進めている。
2019年4月からは植物の雌雄性研究の第一人者である赤木剛士先生がグループの一員となり、バイオインフォマティクスや深層学習などを利用した研究を展開している。