ニュース

ホーム > ニュース > 環境生命科学研究科の国枝教授が、日本農学賞と読売農学賞を受賞

環境生命科学研究科の国枝教授が、日本農学賞と読売農学賞を受賞

 農学分野で優れた成果を挙げた研究者に贈られる「平成30年度日本農学賞」と「第55回読売農学賞」の授与式が4月5日、東京大学で行われ、本学大学院環境生命科学研究科の国枝哲夫教授が両賞を受賞しました。畜産技術協会附属動物遺伝研究所の杉本喜憲所長と共同で行った「遺伝的不良形質の原因遺伝子解明による家畜生産性の向上」の研究が評価されました。
 日本農学賞は、農林水産系の学会を取りまとめる日本農学会が農学上顕著な業績を挙げた者に授与しており、1925年の創設以来、日本の農学研究者にとって最高の栄誉とされています。読売農学賞は、園芸、環境、バイオテクノロジー、農作物などの分野で優れた業績を挙げた研究者を「日本農学賞」の受賞者から選出し表彰するものです。

 平成30年度日本農学賞受賞者の一覧は、下記のWEBページからご覧ください。
http://www.ajass.jp/30_10.html

【本件問い合わせ先】
大学院環境生命科学研究科・農学部准教授 辻岳人
TEL:086-251-8325

(18.04.11)



受賞者の記念撮影(前列左から2番目が国枝先生)