ニュース

ホーム > ニュース > 「岡山大学新技術説明会」をオンライン開催し、本学の最先端の研究成果を公開

「岡山大学新技術説明会」をオンライン開催し、本学の最先端の研究成果を公開

 本学は9月17日、「岡山大学新技術説明会」を国立研究開発法人科学技術振興機構との共催で、Zoom ウェビナーにてオンライン開催しました。
 本説明会は、本学で生まれた研究成果の実用化を目的として、研究者自身が企業関係者らに向けて技術説明を行い、広く実施企業・共同研究パートナーを募るもので、今年は、アグリ・バイオ、創薬、材料、医療・福祉、エネルギー、情報の分野から7件の研究成果を発表しました。

【当日のプログラム】
1)大学院環境生命科学研究科 農生命科学専攻 生物機能化学講座 教授 神崎 浩
「キノコ菌床抽出物の脂肪蓄積抑制効果とペット用サプリへの応用」
2)大学院教育学研究科 理科教育講座 有機化学研究室 教授 石川 彰彦
「多様な抗菌化合物ライブラリーの構築と用途開発」
3)異分野融合先端研究コア 研究教授 仁科 勇太
「グラフェン類の製造と用途開拓 ~研究指針とノウハウ~」
4)大学院保健学研究科 検査技術科学 教授 廣畑 聡
「内皮由来急性虚血反応性分子による診断・治療の臨床応用を目指した研究」
5)大学院医歯薬学総合研究科 生体材料学分野 教授 松本 卓也
「生体組織接着性チタンシート」
6)大学院環境生命科学研究科 資源循環学専攻 研究教授 高口 豊
「カーボンナノチューブ光触媒を利用した人工光合成技術」
7)大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻 講師 竹内 孔一
「日本語のガヲニデなどの格の分類による文からの表現の構造化」


「岡山大学新技術説明会」の発表内容詳細及び資料はこちらからご覧いただけます。
○ <JST新技術説明会/発表技術アーカイブス>


【本件担当】
岡山大学 研究推進機構 
TEL: 086-251-8466
E-mail: r-kenkyu@
    ※ @の後にcc.okayama-u.ac.jpを付加して下さい。