研究成果

ホーム > 研究成果 > 驚愕の新種! その名は「サザエ」 〜 250年にわたる壮大な伝言ゲーム 〜

驚愕の新種! その名は「サザエ」 〜 250年にわたる壮大な伝言ゲーム 〜

 岡山大学大学院環境生命科学研究科(農)の福田宏准教授は、欧米の古文献を再調査した結果、日本では食用として広く知られている貝類のサザエが、これまで有効な学名をもたず、事実上の新種として扱われるべきであることを解明し、サザエの学名を新たに「Turbo sazae Fukuda, 2017」と命名しました。本研究成果は5月16日、日豪共同刊行の軟体動物学雑誌「 Molluscan Research 」電子版に公表されました。
サザエは、日本ではアサリやシジミと並んで最もよく知られた貝類であり、国民的アニメーションの主人公の名前にもなっています。しかしそのような種ですら、我々人類はアイデンティティを正しく把握できていなかったのです。このことは、生物の種の正確な識別と同定がいかに困難であるかを示す一端として示唆的です。

詳細は下記リンク先をご覧ください
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id468.html

<お問い合わせ>
岡山大学大学院環境生命科学研究科(農)
水系保全学研究室 准教授 福田 宏
(電話番号)086-251-8370
(FAX番号)086-251-8370