研究成果

ホーム > 研究成果 > モモの果肉障害対策技術マニュアルについて

モモの果肉障害対策技術マニュアルについて

農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
「西日本のモモ生産安定のための果肉障害対策技術の開発(25079C)」
代表研究機関:岡山大学
研究総括者:森永邦久(岡山大学大学院環境生命科学研究科(農)教授)

 本プロジェクトは、農林水産省の農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(実用技術開発ステージ)による「西日本のモモ生産安定のための果肉障害対策技術の開発」として、平成25~27年度の3年間取り組まれたものです。この間、プロジェクトに関わる「モモ果肉障害対策技術開発共同研究機関(コンソーシアム)」を組織し、連携協力して研究と技術開発を進めてきました。
 この度刊行しました「対策技術マニュアル」では、障害を軽減する対策技術について、生産現場で利用できるように具体的にわかりやすく述べています。モモの果肉障害軽減に役立ち、生産農家の高品質果実生産と収益性向上に、さらに産地の活性化に活用いただければ幸いです。

「モモの果肉障害対策技術マニュアル」
研究成果集(表紙)
研究成果集(本文)

【本件担当】
森永邦久(教授)
岡山大学大学院環境生命科学研究科(農学部)
Email: forest@(@以下はokayama-u.ac.jp を付けてください。)