研究成果

ホーム > 研究成果 > 稲垣賢二教授が日本農芸化学会中四国支部功労賞を受賞しました

稲垣賢二教授が日本農芸化学会中四国支部功労賞を受賞しました

 日本農芸化学会中四国支部は2001年に設立された日本農芸化学会の中では最も新しい支部です。初代の支部長は田中英彦岡山大学農学部教授が務められ,設立して最初の2年間は岡山大学農学部に事務局が設置されていました。中四国支部では創立10周年記念事業として,中四国支部の発展に貢献した者に対し,その労に感謝の意を表することを目的として,支部の発展に特に功績のあった会員に功労賞を授与することとなりました。2年に1回選考があり,今年度の第5回功労賞に岡山大学稲垣賢二教授を始め6名が選ばれ,9月15日に高知で開催された支部創立15周年記念支部大会において,賞状と楯が授与されました。

【連絡先】
稲垣 賢二
岡山大学大学院環境生命科学研究科(農学部)
Email: kinagaki (a) okayama-u.ac.jp
( (a) を @ 変更してください)