研究成果

ホーム > 研究成果 > 気孔運動を制御する新たなカルシウムチャネルを発見 『乾燥に強い作物の作出に期待』

気孔運動を制御する新たなカルシウムチャネルを発見 『乾燥に強い作物の作出に期待』

 大熊、宗正、村田らは、韓国大邱慶北科学技術院(DGIST)と米国Duke大学と共同研究を行い、植物のグルタミン酸受容体型タンパク質が、アミノ酸の一つであるメチオニンにより活性化される新規のカルシウムチャネルを形成し、気孔運動や植物の生長に関与することを明らかにしました。本研究成果は12月6日、米国の科学誌『Cell Reports』に掲載されました。
 本研究成果により、メチオニン処理によって、容易に植物のストレス耐性を向上させる可能性が示唆されました。また、メチオニンは、微生物発酵によって比較的安価に製造できるアミノ酸であることからコスト面や安全性にも優れ、広い利用が期待できます。

L-Met activates Arabidopsis GLR Ca2+ channels upstream of ROS production and regulates stomatal movement.
Cell Reports (2016) Dec 6; 17(10), 2553-2561, DOI: 10.1016/j.celrep.2016.11.015.

Kong D#, Hu HC#, Okuma E#, Lee Y, Lee HS, Munemasa S, Cho D, Pedoeim L, Rodriguez B, Im W, Murara Y, Pei ZM, Kwak JM. (#: Co-first authors)


連絡先:
教授 村田芳行、助教 宗正晋太郎
岡山大学大学院環境生命科学研究科(農学部)
Email: muta (a) cc.okayama-u.ac.jp
    Smunemasa (a) cc.okayama-u.ac.jp
( (a) を @ 変更してください)