岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野

English
教室のご案内

Event

  • 2019年4月4日 今年で5回目となる、ボウリング場での歓迎会を行いました。新入局員の先生方と共に楽しい時間を過ごしました。
  • 2019年4月1日 当分野に大学院一年生の4名の女性の先生が入局されました。(左から) 谷崎沙織先生、吉川友理先生、穴田理嵯先生、竹本史子先生です。これから頑張ってください!
  • 2019年3月28日 居波徹先生(いなみ矯正歯科(京都府宇治市))に、「Ribbon-VH装置の特徴とLingual systemの使用状況について」と題した特別講演を行って頂きました。学外の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2019年3月27日 (右から) 福井裕子先生、鳥原秀美先生、大住隆太先生が博士課程を修了し、学位を取得されました。4年間、研究、臨床とよくがんばりました。更なる飛躍を期待します。
  • 2019年3月7日 第5回International Research Meeting on Shikata Campusにおいて、イイス ライン先生がポスター発表を行われ、優秀賞を受賞されました。おめでとうございます。
  • 2018年12月18日 日本骨代謝学会のホームページにおいて、当科の小田垣先生の研究「歯根膜から分泌されるSclerostinはパラクリン作用を介して骨細胞のSOST/Sclerostin発現を制御する」を紹介してもらいました。
  • 2018年11月23日 恒例のバーベキューを今年は秋に水車の里フルーツトピアで行いました。ご家族の参加も多くあり楽しいひとときでした。美味しい料理を沢山頂きました。
  • 2018年11月18日 橋本真奈先生が日本骨代謝学会主催Skeletal Science Retreat 2018で発表され、優秀ディスカッション賞を受賞されました。おめでとうございます。
  • 2018年11月15日 上里聡先生(こうざと矯正歯科クリニック(香川県坂出市))に、「口蓋への舌接触の視覚化−MFTへのEPG(electropalatography)の応用」と題した特別講演を行って頂きました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2018年11月13日 国富陽介先生が、神戸で開催された第40回日本バイオマテリアル学会で「マウス頭蓋骨初期石灰化機構を模倣した新規石灰化技術の開発」と題した発表をされ、優秀研究ポスター賞を受賞されました。生体材料学分野、松本卓也教授の指導で行われた研究です。おめでとうございます。
  • 2018年11月1日 第77回日本矯正歯科学会において王紫儀先生(写真中上)が口演発表およびポスター発表を行われ、優秀賞を受賞されました。イイス ライン先生(写真左下)が口演発表およびポスター発表を行われ、優秀賞を受賞されました。鳥原秀美先生(写真右下) がポスター発表を行われ、優秀賞を受賞されました。おめでとうございます。
  • 2018年10月12日 王紫儀先生が日本学術振興会の特別研究員(DC2)に選ばれました。これからのさらなる活躍が期待されます。
  • 2018年8月24日 王紫儀先生が先端歯学スクール2018において「Investigate the mechanotransduction of osteocytes: start with bioinformatics」と題した発表を行われ、優秀賞を受賞されました。おめでとうございます。
  • 2018年7月30日、前アメリカ骨代謝学会会長のLynda F. Bonewald先生(Department of Anatomy and Cell Biology, Indiana University School of Medicine)に、「The Osteocyte: From a Cell that does 'Nothing' to a Cell that does 'Everything'」と題した特別講演を行って頂きました。また、Bonewald先生の講演に先駆けて、株化骨細胞MLO-Y4をBonewald先生と一緒に樹立された加藤洋一先生(旭化成メディカル)のご講演も頂きました。お二人のご登壇で大変興味深い研究秘話を伺うことができました。国内から多くの研究者に来て頂き盛会の内に終わることができました。
  • 2018年7月27日 王紫儀先生が第36回日本骨代謝学会学術集会において「Mechanical signals influence circadian clock genes in murine osteocytes: implications for spatial distribution of sclerostin」と題したポスター発表を行われ、優秀ポスター賞を受賞されました。おめでとうございます。(写真左から2人目です。)
  • 2018年7月23日 大学院4年生の福井裕子先生が昨年の小田垣尚弥先生に続き、平成30年度の公益財団法人森田奨学育英会の奨学生に採用されました。本分野3人目の奨学生となります。今後更なる、研究の研鑽、飛躍が期待されます
  • 2018年6月20日 早野暁先生がEuropean Orthodontic Society 2018において「ROLE OF THE INFERIOR ALVEOLAR NERVE IN THE MESENCHYMAL STEM/PROGENITOR CELLS」と題したポスター発表を行われ、ベストポスター賞を受賞されました。おめでとうございます。
  • 2018年6月16~17日 スコットランドのエディンバラで、国内でも資格者の少ないEuropean Board of Orthodontics 認定医資格試験があり、当科の早野暁先生、中村政裕先生が合格致しました。過去2012年の村上隆先生、2015年の石原嘉人先生につづいて当科から3人目および4人目の合格者です。おめでとうございます。
  • 2018年6月12日 早野暁先生が申請された平成30年岡山大学教育改善経費が採択されました。コンピューターグラフィック動画を用いた教育コンテンツを導入しました。今後も歯学部教育の改善に役立てていきたいと思います。
  • 2018年6月8日 谷川千尋先生(大阪大学歯学部附属病院 矯正科)に「三次元解析と人工知能の矯正歯科治療への応用」と題した特別講演を行って頂きました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2018年4月9日 第61回中・四国矯正歯科学会大会のポスターを作成いたしました(クリックすると拡大されます)。岡山大学病院敷地内のJunko Fukutake Hallにて、7月7日8日の二日間開催されます。たくさんの先生方のご参加をお待ちしております。
  • 2018年4月6日 松本佳則先生(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学)に「Bone is Dynamic! 希少疾患研究から始まった新たな挑戦」と題した特別講演を行って頂きました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2018年4月5日、今年で4回目となる、ボウリング場での歓迎会を行いました。新入局員の先生方と共に楽しい時間を過ごしました。
  • 2018年4月2日 当分野に大学院一年生の3名の女性の先生が入局されました。右から、石田朋子先生、水川朋美先生、田中敦子先生です。これから頑張ってください!
  • 2018年3月27日 (右から)白崎かおり先生、小田垣直弥先生、石川崇典先生、国富陽介先生、藤澤厚郎先生、松田祐典先生が博士課程を修了し、学位を取得されました。4年間、研究、臨床とよくがんばりました。更なる飛躍を期待します。
  • 2018年3月12日 加藤隆史先生(大阪大学大学院歯学研究科口腔生理学教室)に「歯科医学における睡眠研究の位置づけ」と題した特別講演を行って頂きました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2018年2月6日 澤田泰宏先生(国立障害者リハビリテーションセンター研究所)に「メカノバイオロジーで目指す一億総活躍」と題した特別講演を行って頂きました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2018年2月2日 李智媛先生(愛媛大学プロテオサイエンスセンターバイオイメージング部門)に「CCR5, a co-receptor of HIV, is required for the functional cellular architecture of osteoclasts, suggesting a skeletal benefit of the CCR5-targeting HIV therapy」と題した特別講演を行って頂きました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2018年1月17日 ベトナムのハノイ医科大学歯科矯正学分野からQuach Thi Thuy Lan先生が短期留学生として当科に来られました。歓迎会を開催致しました。
  • 2017年12月7日、当教室のOBであり、臨床講師である大矢伸治先生(現在:大矢矯正歯科院長(兵庫県明石市・加古川市))に、「歯科矯正用アンカースクリューを用いた舌側矯正治療 〜上顎における前歯牽引の後方限界について考える〜」と題した特別講演を行っていただきました。他科、県内外の開業医の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2017年11月26日、石原嘉人先生がSkeletal Science Retreat 2017で発表され、優秀ディスカッション賞を受賞されました。おめでとうございます。
  • 2017年10月20日、石原嘉人先生、中村政裕先生が第76回日本矯正歯科学会でポスター発表され、優秀発表賞を受賞されました。おめでとうございます。
  • 2017年10月31日 スウェーデンからJSPS海外招聘研究員として当科に2週間滞在されているEdwin Jager先生(Linköpings Universitet, Department of Physics, Chemistry and Biology)に、「Electroactive polymers for mechanotransduction tools and soft microrobotics」と題した特別講演を行って頂きました。通電することで膨張する樹脂を用いた微小装置の開発をされています。教室の植田先生との共同研究も進みそうです。
  • 2017年9月29日 黒坂寛先生(大阪大学歯学部附属病院矯正科)に、「顎顔面形成不全への包括的アプローチにおける矯正歯科の役割について」と題した特別講演を行っていただきました。豊富な症例に基づくわかりやすい講演でした。
  • 2017年9月26日 ベトナムからの留学生として6か月当科で研究に従事されたLy先生が帰国されることになりました。留学期間中での研究内容について講演をして頂きました。
  • 2017年9月21日 前アメリカ骨代謝学会会長のRoland Baron先生(Harvard Medical School, Endocrine Unit Massachusetts General Hospital)に、「The Role of Wnt Signaling and Cathepsin K in Bone Homeostasis」と題した特別講演を行って頂きました。その後の懇親会でも大変気さくに私達の若いメンバーとお話をして頂き、一同の刺激になりました。また、他科、他大学からも多くの方々にお集まり頂きました。ありがとうございました。
  • 2017年8月21日 夏の恒例のバーベキューを長船美しい森で行いました。ご家族の参加も多くあり楽しいひとときでした。美味しい料理を沢山頂きました。
  • 2017年7月23日 イイス ライン先生が第8回Mandalay Dental Conferenceのジュニアサイエンティスト部門で昨年に引き続き特別賞を受賞しました。また、イイス ライン先生は日本に来てから日本語を学び始めたにもかかわらず、姫路歯科衛生士学校で5月にミャンマーの歯科事情の特別講義を1時間日本語で行いました。
  • 2017年7月19日、大学院4年生の小田垣先生が昨年の橋本真奈先生に続き、平成29年度の公益財団法人森田奨学育英会の奨学生に採用されました。さらなる、研究の研鑽、飛躍が期待されます。
  • 2017年7月3日 World Implant Orthodontic Conference (WIOC) において若手矯正歯科医によるTADsアワードが開催され、当科の中村政裕先生が「III級不正咬合における歯科矯正用アンカースクリュー使用群とIII級ゴム使用群の治療結果の比較検討」と題した発表を行いました。
  • 2017年6月20日 日本骨代謝学会のホームページが刷新され、1st Authorに中国からの留学生、Wang Ziyi先生の研究「ニワトリ胚頭蓋骨中での骨細胞の分化における細胞間コミュニケーションの変化」を紹介してもらいました。
  • 2017年6月12日 片岡伴記先生が申請された平成29年岡山大学教育改善経費が採択されました。各班に貸与できるiPadを用いて装置作成の動画を見ながら実習が可能となります。
  • 2017年6月1日、American Journal of Orthodontics & Dentofacial Orthopedicsに受理された当科の中村政裕先生の臨床論文が6月のVideo of Monthに選ばれました。このビデオは論文の趣旨を三分程度で説明する短い動画ですが、当科の川邉紀章先生と共に臨床研究結果を解説しております。このビデオは6月の一ヶ月間、アメリカ矯正歯科学会(AJODO)のホームページのトップ画面に掲載され、それ以降はバックナンバーとして閲覧して頂けます。是非ご覧ください。http://www.ajodo.org/
  • 2017年5月29日、米国 Albert Einstein College of Medicineから今年4月に帰国された淺田騰先生(岡山大学病院 血液・腫瘍内科)に「造血を支える微少環境:骨組織から骨髄内血管周囲細胞まで」と題した特別講演を行って頂きました。留学前、そして留学中の先生の研究に対する姿勢に学ぶことが多く、そして研究レベルの高さに感銘致しました。
  • 2017年4月25日、口腔外科再建系との共催で、ミャンマーから来日されたKhin Maung先生(Dental division of ministry of health, Myanmar)に「Future collaboration of Myanmar and Japan for Oral Cancer Prevention and development of Myanmar Dentistry」と題した特別講演を行ってもらいました。ミャンマーの歯科事情を非常に多岐に亘って説明して頂きました。
  • 2017年4月21日、加来賢先生(新潟大学大学院医歯学総合研究科生体歯科補綴学分野)に「コラーゲンと細胞の多様性から見た歯根膜」と題した特別講演を行って頂きました。補綴科の先生を始め、多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2017年4月6日、今年で3回目となる、ボウリング場での歓迎会を行いました。新入局員の先生方と共に楽しい時間を過ごしました。
  • 2017年4月3日、当分野に大学院一年生として中西泰之先生(右側)が新たに入局しました。また、日本歯科医師会国際学術交流基金の支援を受けて、ベトナムのハイフォン大学からLe Thi Thuy Ly先生(左側)が6ヶ月間の留学生として当科に来られました。これから頑張って下さい!
  • 2017年3月24日、橋本真奈先生、田中智代先生が博士課程を修了し、学位を取得されました。4年間、研究、臨床とよくがんばりました。更なる飛躍を期待します。
  • 2017年2月3日 骨代謝学会のホームページの「骨ルポ」が更新されました。そこで、9月にアトランタで開催された「ASBMR2016」に参加した石原嘉人先生と橋本真奈先生のレポートが掲載されています。
  • 2017年1月12日ベトナムからPhan Thi Thanh Giangさんが短期留学生として当科に来られました。歓迎会を開催致しました。
  • 2016年12月22日、嘉ノ海龍三先生(カノミ矯正・小児歯科クリニック(兵庫県))に、「小児からの咬合の育成 − ①永久歯埋伏の原因と対処法について、②多数歯の先天欠如に遭遇したら(その対処法と管理について)」と題した特別講演を行っていただきました。県内外の開業医の先生や他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2016年12月13日 骨代謝学会のホームページに「骨ルポ」が開設されました。そこで、8月にオーストラリアで開催された「ESA/SRB/ANZBMS2016」に参加した田中智代先生のレポートが掲載されています。
  • 2016年11月29日 岡山大学歯学部によるミャンマーとの交流、および、ミャンマーの歯科医師の受け入れが山陽新聞に掲載されました。当科でも2015年10月からミャンマーの歯科医師であるEi Ei Hsu Hlaing先生が研究・臨床の教育プログラムの習得に励んでおられます。これからも頑張ってください。(写真をクリックすると拡大されます)
  • 2016年11月22日、平嶋伸悟先生(久留米大学高次脳疾患研究所)に、「FIB/SEMを用いた歯根膜の3次元微細構造解析」と題した特別講演を行っていただきました。また、太田啓介先生(久留米大学医学部解剖学講座顕微解剖・生体形成部門)に、「超微3次元機能イメージングを目指して」と題した特別講演を行っていただきました。両先生方の先駆的な解析方法の試みを一同勉強することができました。
  • 2016年11月22日~11月24日、香港Hong Kong Academy of Medicineで、国内でも資格者の少ない英国エジンバラ大学認定医資格 (MOrth RCSEd)試験があり、当科の早野暁先生が合格致しました。過去2011年の村上隆先生、2012年の石原嘉人先生、2014年の中村政裕先生につづいて当科で4人目の合格者です。おめでとうございます。
  • 2016年11月10日、Do-Gyoon Kim先生(The Ohio State University, Division of Orthodontics, Ohio)に、「Research for Orthodontic Residents」と題した特別講演を行っていただきました。また、当教室のOBでもある出口徹先生(現:The Ohio State University, Division of Orthodontics, Ohio)に、「Trend of Orthodontic Treatment」と題した特別講演を行っていただきました。両先生方の発表に一同深く感銘しました。誠にありがとうございました。
  • 2016年11月9日、石原嘉人先生、河野加奈先生、橋本真奈先生が第75回日本矯正歯科学会でポスター発表され、優秀発表賞を受賞されました。おめでとうございます。
  • 2016年10月4日、一昨年よりHarvard Medical Schoolに留学されていた石原嘉人先生が帰国され、帰朝講演を行っていただきました。今後の活躍が期待されます。
  • 2016年9月29日、Seung-Hak Baek先生(Seoul National University, Department of Orthodontics, Seoul)に、「Craniofacial Orthodontics: Long Journey for Anomaly Patients」と題した特別講演を口唇裂・口蓋裂総合治療センターとの共催で行っていただきました。エビデンスベースの臨床研究、豊富な治療症例に一同深く感銘しました。
  • 2016年8月3日 橋本真奈先生の研究が日本骨代謝学会のASBMR2016 Travel Awardに選ばれて、2016年9月16日からアトランタで開催されるASBMRで発表できることとなりました。おめでとうございます。また、橋本先生は 平成28年度の公益財団法人森田奨学育英会の奨学生にも採用されました。さらなる、研究の研鑽、飛躍が期待されます。
  • 2016年7月24 日 ミャンマーからの留学生のイイス ライン先生が第7回Mandalay Dental Conference でのポスター発表で特別賞を受賞しました。日本に来て、まだ10か月ですが、研究、日本語の勉強を一生懸命に頑張っています。
  • 2016年7月18日 1年目主催のBBQを長船美しい森で行いました。バスでの移動の最中から、1年目の先生がBBQのプロブレムリストを発表してくれて大変楽しい旅行でした。もちろん、準備も万端で美味しい料理を沢山食べることができました。ご家族での参加もあり大変盛り上がりました。
  • 2016年7月1日、中島友紀先生(東京医科歯科大学分子情報伝達学分野)が「骨リモデリングの制御機構」と題した特別講演を行って頂けました。また、安達泰治先生(京都大学再生医科学研究所バイオメカニクス研究領域)が「生体組織・器官の形づくりのバイオメカニクス」と題した特別講演を行って頂けました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2016年5月23日、田中智代先生の研究が日本骨代謝学会のANZBMS 2016 Travel Awardに選ばれ、2016年8月21日からオーストラリアで開催されるESA/ SRB/ ANZBMS Joint meeting 2016で発表できることとなりました。おめでとうございます。
  • 2016年4月1日、今年で二回目となる、ボウリング場での歓迎会を行いました。新入局員の先生方と共に楽しい時間を過ごしました。
  • 2016年4月1日、当分野に6名の先生が新たに入局しました。写真左上から、田畑香織先生、住谷友佑先生、
    岡直毅先生、左下から、羽根知良先生、イイスライン先生、出射明美先生です。これから頑張って下さい!
  • 2016年3月25日、石本和也先生、原規子先生が博士課程を修了し、学位を取得されました。4年間、研究、臨床とよくがんばりました。
  • 2015年11月26日、当院口腔外科病態系の佐々木朗先生および西山明慶先生に「矯正科医のための顎矯正手術術式解説 –骨切り部位と可能な顎骨移動方向の確認-」と題した県下の矯正科医を対象とした講演を行っていただきました。さらに、講演後三次元模型を用いた顎矯正手術術式の演習を病態系の多くの先生のご支援を頂き行っていただきました。
  • 2015年11月24日、Cheol-Ho Paik先生(SAI Orthodontic Center, Seoul, Korea)に、「Molar Intrusion Using TADs: The Key Element to Correct Vertical Excess with or without Open Bite」と題した特別講演を行っていただきました。県内外の開業医の先生や他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2015年11月20日、柳田剛志先生が第74回日本矯正歯科学会で口演発表され、優秀発表賞を受賞されました。
    おめでとうございます。
  • 2015年11月13日、Christopher R. Jacobs先生(Colombia University, Department of Biomedical Engineering, New York)に、「Integrating Cellular Mechanobiology and Biomechanics – Emergence of Primary Cilia as Mechanosensors」と題した特別講演を行っていただきました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2015年11月10日、三品裕司先生(University of Michigan, School of Dentistry Department of Biologic and Materials Sciences, Michigan)に、「BMPシグナルの頭部顔面発生時における機能解析」と題した特別講演を行っていただきました。他科の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。誠にありがとうございました。
  • 2015年10月29日、当教室のOBである大矢伸治先生(現在:大矢矯正歯科院長(兵庫県加古川市))に、「舌側矯正治療〜歯の裏側からの見えない矯正治療〜」と題した特別講演を行っていただきました。他科、他大学、県内外の開業医の先生を含め多くの方々にお集まりいただきました。
  • 2015年10月26日、当分野の元教授であられる山本照子先生(現東北大学教授)が2015年度のGoldhaber Awardを受賞されました。
    この賞は歯科医学、臨床に最新の新規性と新機軸の研究で貢献した人にあたえられる国際賞で、過去20年程の間に毎年1名表彰が行われています。今回の受賞は、山本先生の歯の移動の研究、臨床研究での総合的研究成果が評価されたもので、当教室としても大変うれしいニュースです。
  • 2015年10月から2名の先生が留学生および大学院生として当科に来られました。ミャンマーのMandalay Universityから来られたEi Ei Hsu Hlaing先生は大学院生として4年間当科で勉強されます。中国のChina Medical Universityから来られたZhen Bowen先生はO-NECUSプログラムで1年間当科で勉強されます。
  • 2015年9月15日、中国からの留学生として1年間当科で研究に従事された王先生が帰国されることとなりました。1年間の研究内容についての講演をしていただきました。
  • 2015年6月30日、保崎留美子先生の大学院時代の研究が今年10月にシアトルで開催されるアメリカ骨代謝学会のPlenary Posterに選ばれました。おめでとうございます。
  • 2015年6月4日、岡山大学病院では市民の皆様を対象にした啓発イベント「歯っぴぃスマイル2015~笑顔へつながるお口の健康~」を開催しました。このイベントで村上隆講師が「矯正歯科治療ってどんなもの?」と題したミニ公開講座を行いました。
  • 2015年5月1日、Sarah L. Dallas先生(University of Missouri, Kansas City, School of Dentistry, Department of Oral and Craniofacial Sciences)が、「Cell and Extracellular Matrix Dynamics in Skeletal Tissues」と題して特別講演を行っていただきました。他科、他大学を含め多くの先生方にお集まりいただきました。
  • 2015年4月2日、新入局員の先生の歓迎会を行いました。初の試みとなるボウリング場での歓迎会でしたが、OBの今井裕一先生、福島宏明先生にも参加して頂き、楽しい時間を過ごしました。
  • 2015年4月1日、当分野に3名の先生が新たに入局しました。写真左から、福井裕子先生、鳥原秀美先生、大住隆太先生です。これから頑張って下さい!
  • 2015年3月25日、加藤ゆい先生、加野小奈美先生、河野加奈先生が博士課程を修了し、学位を取得されました。4年間、研究、臨床と皆さんよくがんばりました。
  • 2015年3月2日、一昨年よりITP(若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム)で米国ミシガン大学に留学していた早野暁先生が帰国されました。今後の活躍が期待されます。
  • 2015年2月19日、杉山晶二先生(杉山矯正歯科医院(東京都))が、「デジタル技術を応用したカスタムメイド舌側矯正装置のバイオメカニクスについて」と題して特別講演を行っていただきました。非常にわかりやすい講義で参加者に感銘を与えました。また、県下の矯正専門医の先生方にも多数ご参加いただきました。
  • 2015年2月17日、当教室OBの藤山光治先生(現:ふじやま矯正歯科院長(京都府))が、「マウスピース矯正歯科治療の比較および現状」と題して特別講演を行っていただきました。県下の多数の矯正専門医の先生方にもご参加いただきました。
  • 2015年2月10日、スウェーデンのリンショーピング大学のEdwin Jager先生が、外国人特別研究員(JSPS)として当科に来られ、歯学部BioForumで「Conducting polymers for cell biology and medicaldevices」と題した講演をして頂きました。他科、他大学を含め多くの先生方にお集まりいただきました。
  • 2014年12月1日~12月3日、香港Hong Kong Academy of Medicineで、The Royal College of Surgeons of Edinburgh主催の、Membership in Orthodontics (MOrth RCSEd)試験があり、当科の中村政裕先生が合格致しました。MOrth RCSEdは、国内でも資格者の少ない英国エジンバラ大学認定医資格であり、過去2011年の村上隆先生、2012年の石原嘉人先生につづいて当科で3人目の合格者です。
  • 2014年10月20日~22日、千葉県幕張で第73回日本矯正歯科学会大会が開催され、当科の中村政裕先生が優秀発表賞を受賞しました。
  • 2014年10月3日、当教室のOBの黒坂寛先生(現:大阪大学顎顔面矯正歯科学分野)が、口唇裂発症のメカニズムを解明した研究を発表してくれました。非常にエキサイトな内容で、多くの先生にお集り頂きました。
  • 2014年10月から1年間、中国から留学生として王先生が当科に来られました。また、10月から2か月間、研究室配属研究で歯学部3年生学生神吉さんと鹿濱さんが当科で研究を行っております。10月16日、歓迎会を開催致しました。
  • 2014年7月25日 日本骨代謝学会のホームページが刷新され、Infinite dreamに教室の「骨研究」を紹介してもらいました。
  • 2014年7月25日 日本骨代謝学会のホームページの新コーナー「1st Author」に石原先生の研究を紹介してもらいました。
  • 2014年6月6~7日、愛媛県松山市で第55回日本生化学会中国・四国支部例会が開催され、上岡寛教授がシンポジストとして講演を行いました。 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野
  • 2014年4月28日、平成27年度の前期分野員の申込みを開始しました。
  • 2014年4月1日、新入医局員5名の先生が博士課程に入学されました。写真上段左から、松田祐典先生、藤澤厚郎先生、国富陽介先生、石川崇典先生、小田垣直弥先生です。
    初日から早速英語漬けです。4年間がんばってください。皆で応援します。
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野
  • 2014年3月25日、高宮留美子先生と古森紘基先生が4年間の博士課程を終え、無事博士(歯学)を取得されました。おめでとうございます。
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野
  • 2014年3月11日、石原嘉人助教が上原記念生命科学財団の平成25年度海外留学助成金の贈呈式に参加しました。ハーバード大学で、さらなる研鑽をされます。頑張って下さい。
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野
  • 2014年2月1日、ITPで米国ミシガン大学に留学している早野暁先生が成果報告会で英語発表してくれました。
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野
  • 2013年12月16日、ITP(若手研究者インターナショナルトレーニングプログラム)で米国ミシガン大学に留学している早野先生から写真が届きました。同大学には、当分野にリビアから留学されていたタレクさんも時期を同じくして留学されていました。タレクさんが母国に帰られるとのことで記念の一枚を送って頂きました。
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野
  • 2013年10月7日~9日に、長野県松本市で第72回日本矯正歯科学会大会が開催されました。
  • 2013年9月20日~22日に、歯科基礎医学会が岡山で開催され、当科の石原嘉人先生が歯科基礎医学会賞を受賞しました。
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野
  • 2013年9月22日~23日に、岡山国際教育シンポジウムが岡山で開催されました。
  • Benghazi University(リビア) のAzzam Ahmed Sultan 先生が客員教授として当科に来られ、2013年4月22日に歓迎会を致しました。
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯科矯正学分野
  • 中・四国矯正歯科学会が7月6日~7日、倉敷で開催されます。
  • 来年度(平成26年度)の前期分野員募集の申込みを開始しました。
  • 今年度、当分野に新たに3名が入局しました。
Page Top