ニュース

ホーム > ニュース > 日本学術振興会アジア研究教育拠点事業「東アジア有用植物遺伝資源シンポジウム」を開催

日本学術振興会アジア研究教育拠点事業「東アジア有用植物遺伝資源シンポジウム」を開催

 本学と中国科学院昆明植物研究所が拠点機関として実施している,日本学術振興会アジア研究教育拠点事業「東アジアおける有用植物遺伝資源研究拠点の構築」(日本側コーディネーター:加藤鎌司教授)の最終総括シンポジウムが9月24,25日,岡山大学創立五十周年記念館で開催されました.本事業は,中国雲南省とその周辺地域で有用な植物遺伝資源を調査・保存し,多様性を解析して評価・開発・研究するための研究拠点を諸外国に先駆けて構築し,安全・安心な食料生産のための研究拠点へと発展させることを目的としています.事業開始から5年目となった今年の最終シンポジウムでは中国から9人,学外の日本側研究者も8人が参加し,活発な議論や交流が行われました.
 初日には,荒木理事,就実学園理事で前岡山大学学長の千葉喬三氏,環境生命科学研究科長の神崎浩教授に開会のご挨拶をいただき,日本学士院賞を受賞された武田和義名誉教授を座長にお招きして各講演者の発表が始まりました.本事業の中国側コーディネーターであるLong Chunlin教授や,中央民族大学のFeng Jinchao教授,雲南農業大学のLiu Yating教授らが講演しました.
 2日目は,日本側の多様性解析グループと昆明植物研究所のLiu Aizhong教授や雲南大学のLong Bo助教らが,穀物として重要なイネやダイズ,園芸分野ではWang Zhonglang准教授らがトウツバキなどについての研究発表を行ないました.植物化学グループの発表では、馬場直道名誉教授に本事業の農芸化学分野の総括をしていただき,最後のセッションでは,本学の若手研究者らがゲノム解析等,それぞれの専門分野について発表しました.
 2日間で,コアメンバーを中心に総勢50人以上の参加者が活発な意見交換を行ない,共同研究の総括と今後の新たな展開について確認しました.また,このシンポジウムに合わせ,本年度も中国科学院昆明植物研究所からYang Jun助手(「難治性感染症を標的とした創薬研究教育推進事業」と連携して実施),北京弘祥隆生物技術株式会社からWang Huan研究員を招へいし,共同研究を開始しています.

<写真>活発な議論や交流が行われたシンポジウム

【本件問い合わせ先】コーディネーター・環境生命科学研究科教授 加藤鎌司
TEL:086-251-8323
acore@(@以下はcc.okayama-u.ac.jp を付けてください。)

本事業に関しては,下記URLをご参照ください.

http://www.okayama-u.ac.jp/user/acore/