ニュース

ホーム > ニュース > マレーシアで、日本の大学での研究の魅力を伝える「Academicセミナー」を開催

マレーシアで、日本の大学での研究の魅力を伝える「Academicセミナー」を開催

 本学は8月2日、マレーシアのマレーシアプトラ大学でAcademicセミナーを開催しました。
 当セミナーは、文部科学省より委託されている日本留学海外拠点連携推進事業(ASEAN)の一環で、日本の大学での研究の魅力を伝えることを目的としたもので、マレーシアにおいては初の開催です。当日は、学生や教員など128人が参加。マレーシアプトラ大学大学院副院長のルスリ・ビン・ハジャ・アブドゥル教授(Prof. Dr. Rusli Bin Hj Abdullah)の歓迎のあいさつで開会し、本学から参加した講師らが講演。個別相談ブースにも多くの学生らが訪れ、日本留学に関することや今後のキャリアプランについて質問がありました。
 今回のセミナー前後には、本学から参加した講師らが国民マレーシア大学やマレーシア日本国際工科院、マレーシア元留日学生協会(JAGAM)などを訪問し、本事業の取り組みについて紹介。マレーシアにおける今後のセミナー開催に向けて、意見交換を行いました。
 マレーシアは、経済水準が高まっており、日本への関心が高いことから、日本留学者数が増加することが見込まれ、本事業では引き続き、日本留学支援を続けていきます。

●日本留学海外拠点連携推進事業(東南アジア)
本学は、2014年9月より留学コーディネーター配置事業(ミャンマー)に取り組んでいます。2018年4月からは日本留学海外拠点連携推進事業となり、対象がASEAN全域に拡大されました。ミャンマーに設置されている岡山大学日本留学情報センター(OJEIC)を中心に、日本留学促進のための事業を行っています。

<セミナー講師(分野)>
村田 芳行 大学院環境生命科学研究科教授(植物生理学)
稲森 岳央 グローバル人材育成院准教授(農業開発)
津波 優  大学院環境生命科学研究科チーフコーディネーター(国際社会人共同博士号取得プログラム)
鳥越 麻美 OJEIC日本留学コーディネーター(日本留学説明)

【本件問い合わせ先】
国際部国際企画課
TEL:086-251-7038


セミナーの様子


熱心に講演を聞く参加者ら


会場横の受付の様子


記念写真