ニュース

ホーム > ニュース > 【重要なお知らせ(農学部)】2学期の講義と生活等について (追加情報)

【重要なお知らせ(農学部)】2学期の講義と生活等について (追加情報)

令和2年6月11日
  
農学部学生の皆様へ
農学部長
木村 吉伸
 

新型コロナウィルス感染症につきましては,徐々に収束の方向に向かいつつあります。学生・教職員が一体となっての感染防止策により,お陰様で,今のところ岡山大学からは感染者が出ておりません。学生諸君には,新年度早々から履修作業や講義受講については不便をおかけして申し訳ありません。6月15日からは学部・大学院生ともに登校が可能になり,農学部館内への立入も部局長の許可は必要なくなります。講義については2学期も原則としてオンライン授業を継続しますが,実験・実習科目につきましては,感染症対策を充分に行った上で,対面形式で開講することになります。指導教員(担当教員)の指示に従って受講をお願いします。
生活面につきましても,感染症対策に留意した上での規制緩和が進んでいます。構内での飲食やアルバイト規制緩和につきましても以下に記していますので,参考にして下さい。

1. 1年生諸君へ
(1)2学期も「農学部 専門基礎科目」「総合農業科学入門」「教養教育科目」はオンライン授業を行います。
(2)教養教育科目として開講される「実技系、実験系科目」については,対面授業を実施する科目があります。「教養教育科目の授業実施方法について」(2学期・夏季集中 6/8日公開)で確認して下さい。
http://www.okayama-u.ac.jp/tp/student/timetableindex.html
(3)「教養教育科目」の試験については,担当教員によって実施形態が異なりますので,Moodleやシラバス等によるアナウンスを確認して下さい。「農学部専門基礎科目」の試験については,講義室での試験を実施する場合もあるので,Moodleやシラバス等によるアナウンスを必ず確認して下さい。

2. 2年生以上の学生諸君
(1)2学期も「農学部 専門科目」「教養教育科目」については,原則としてオンライン授業を継続します。
(2)農学部が開講する実験・実習については,基本的には対面形式で開講します。
全学教育推進委員会の「対面授業のガイドライン」にあるウィルス感染症対策をベースとして,農学部教育に則したガイドラインを作成しています。そのガイドラインに従って対面形式での開講になりますが,それぞれの実験・実習で形態が異なりますので,Moodleやシラバス等によるアナウンスを必ず確認して下さい。
(3)実験・実習の開講前(3,4 限時)に,オンライン授業が実施される場合は、農学部 第3,4講義室での受講が可能です。ただし,着席が可能な座席が決まっているので,それらの席を使用して下さい。
(4)Web環境に問題がある等,オンライン講義受講に支障のある学生諸君も農学部 第3,4講義室でオンライン授業の受講が可能です。
定員が決まっているのでそれを越える人数は収容できません。また,授業に使用する場合は,授業を優先して退出していただきます。(状況を見て農学部 第1,2講義室の利用も考えます)
(5)2学期の試験については,今後のコロナウィルス感染症の収束状況にもよりますが,対面講義が可能になった時点で講義室での試験実施を予定しています。担当教員によって実施形態が異なる場合もありますので,Moodleやシラバス等によるアナウンスを必ず確認して下さい。

3.2学期 夏季集中科目の履修登録期間等
  WEB履修登録 4/7-6/17
  WEB履修修正 6/18-6/22(12時)
  履修確定 6/22(12時以降)

4. 研究室(教員居室・学生部屋等),講義室での飲食
実験室以外の居室や学生部屋での飲食は認めます。指導教員の指示に従って,密状態にならないよう注意して食事をとって下さい。会話をしながらの飲食は避けて下さい。また,第3,4講義室でも 13:10〜14:10 の時間帯に限り飲食を許可します。ただし,着席が可能な座席が決まっているので,密にならないように,指定されている席のみを使用して下さい。会話をしながらの食事は避けて下さい。生協食堂での食事も可能になっていますので,そちらも積極的に利用して下さい。
なお,リフレッシュルームは施錠を継続しますので使用できません。

5. アルバイトについて
アルバイト先が感染防止策ガイドラインを作成して,それを遵守していることを確認して下さい。雇用者と一緒に感染防止策を確認した後,アルバイトを始めて下さい。
感染防止策ガイドラインが作成されているコンビニ,レストラン,食堂,居酒屋でのアルバイトも可能です。ただし,「接待」を伴う飲食業でのアルバイトは避けて下さい。
「接待を伴う飲食業」とは,「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなし,至近距離で客に対して談笑,お酌または歌唱等を提供する飲食業」と理解して下さい。

パンデミックの場合,規制強化の段階よりも,規制緩和の段階の方に注意を要することが多いので,心身の健康と感染防止策に留意して徐々に活動を広げて下さい。

*************************************************
岡山大学農学部 教務学生担当
(自然系研究科等農学部事務室 教務学生担当)
〒700-8530 岡山市北区津島中1丁目1番1号
TEL  086-251-8286・8287 FAX 086-251-8388
E-mail qgg8286@adm.okayama-u.ac.jp
HP   http://www.okayama-u.ac.jp/user/agr/ (学部)
     http://www.gels.okayama-u.ac.jp/ (研究科)
**************************************************