トピックス

ホーム > トピックス > ケニアからの客員研究員らが農学部長・大学院環境生命学研究科長を表敬訪問

ケニアからの客員研究員らが農学部長・大学院環境生命学研究科長を表敬訪問

 10月24日、ケニアからの客員研究員らが門田充司農学部長・神崎 浩大学院環境生命学研究科長を表敬訪問しました。 
 農学部および環境生命科学研究科はJICA事業およびJSPSアジア・アフリカ研究拠点形成事業を通じてケニア国、特にジョモケニアッタ農工大学(JKUAT)と長年に渡って密接な関係を持っています。ケニア支部代表として岡山大学Alumni総会(10月22日開催)に出席したWillis O. Owino博士(JKUAT准教授、本学で博士学位取得)の来学に合わせて客員研究員Eric G. Mworia博士(メルー大学講師、本学で博士学位取得)、研修生Franscis Kimuyu氏、大学院留学生Anna Indeche氏およびOscar W. Mitalo氏が学部長および研究科長を表敬訪問しました。席上、これまでの岡山大学農学系のケニアへの種々の援助・協力に感謝の意が表されるとともに、今後のさらなる関係強化について話し合われました。


農学部長室での記念写真(中央左から門田学部長と神崎研究科長。右端は久保副学部長)