トピックス

ホーム > トピックス > 2019年12月10日 「農学部-植物研研究交流会 Kenya-Africa Day 合同セミナー2019」を開催しました

2019年12月10日 「農学部-植物研研究交流会 Kenya-Africa Day 合同セミナー2019」を開催しました

 2019年12月10日「農学部-植物研研究交流会 Kenya-Africa Day 合同セミナー2019」を開催しました。
槙野学長から開会のご挨拶を頂いた後、ジョモケニアッタ農工大、資源植物研究所、農学部からの3名の先生方による最新の研究成果に関する講演が行われました。岡山大学、資源植物科学研究所の教員や学生、留学生中心に100名余りが参加し、学生や留学生によるポスター発表も行われました。多くの方々にご参加いただき、活発な情報交換や意見交換が行われました。



【農学部-植物研研究交流会 Kenya-Africa Day 合同セミナー2019】

1.目的 岡山大学農学部と資源植物科学研究所、さらにジョモケニアッタ農工大学における共同研究のきっかけづくり、ネットワーク強化のため、研究発表や情報交換を行う。


2.主催 岡山大学農学部、資源植物科学研究所

3.日時 令和元年12月10日(火)14:00~19:30

4.場所 岡山大学農学部多目的室、農学部1号館 第2多目的室

総合司会 門田有希 准教授    


5.日程14:00~ 開  会
 あいさつ 岡山大学 槇野博史学長
14:10~ 講演1 赤木剛士博士(岡山大学農学部)
「Sex determination and evolution in plants, untied from tree crops genomes」
「果樹ゲノムが紐解く植物の性決定とその進化」
14:40~ 講演2 池田啓博士(岡山大学資源植物研究所)
「Adaptive evolution in phytochromes: footprints on genetic structure」
15:20~ 講演3 Willis OWINO博士(ジョモケニアッタ農工大学)
「The diversity in nutritional profiles and bioactive compounds of baobab pulp from specific regions of Kenya and Sudan」
16:00~ ポスター発表者による1分間トーク
16:30~ ポスター発表
17:30~ 情報交換会
19:30  閉  会

6.世話役 農学部(久保 康隆、門田 有希)、植物研(最相 大輔、谷 明生)


槇野博史 学長による開会のあいさつ


講演1 赤木剛士 博士「Sex determination and evolution in plants, untied from tree crops genomes」「果樹ゲノムが紐解く植物の性決定とその進化」


講演2 池田 啓 博士「Adaptive evolution in phytochromes: footprints on genetic structure」


講演3 Willis OWINO 博士「The diversity in nutritional profiles and bioactive compounds of baobab pulp from specific regions of Kenya and Sudan」