国立大学法人 岡山大学

LANGUAGE
ENGLISHCHINESE
MENU

「岡山リビングラボ」課題解決型プログラム「リビングニーズマッチング」外国人留学生向け特別回 〜在岡山の外国人留学生の視点から、岡山の街のグローバル化を目指すインクルーシブデザインプログラム〜

【開催日時】
2021年2月9日(火)17:00~20:30

【開催形式】
オンライン(ZOOM)

【プログラム内容】
岡山リビングラボでは、医療従事者や患者の抱える課題等、地域社会における課題(リビングニーズ)を掘り下げ、そうした課題の解決につながる事業アイデアの創出を図る「リビングニーズマッチング」プログラムを実施しております。
今回、岡山在住の外国人留学生向けのプログラムとして、外国人留学生の日常生活における課題(買い物、飲食、医療、教育、外出・旅行、コミュニティ構築等の現場における課題)の洗い出しと課題解決方法の検討をワークショップ形式で実施します。
外国人留学生をはじめ、高齢者や難病患者、障がい者等、特別なニーズを持った方々と一緒に新たなソリューションの企画・アイデアを考えるという「インクルーシブ・デザイン」の考え方の下、今回のプログラムを通じて、既存サービス等の海外展開や海外顧客の獲得につながるサービス・商品等の事業アイデアが創出されることが期待できます。
なお、今回のプログラムの使用言語は英語となります(日本語同時通訳はありません)。多くの外国人留学生の方の参加をお待ちしております。

【参加対象者】
・岡山大学および県内大学の外国人留学生
・外国人留学生の暮らしの改善を図りたいと考えている方
・外国人留学生のアイデアをベースにした事業創出を考えている方
※ただし、英語対応が可能な方限定。参加者多数の場合は先着100名とします。参加費無料。

【当日の次第】
① 17:00~17:10 オリエンテーション(岡山大学およびVCJ)
② 17:10~17:40 参加者による外国人留学生の生活課題の洗い出し(グループディスカッション)
③ 17:40~18:00 グループで指摘された生活課題についての発表(全体)
④ 18:00~18:20 検討対象課題の整理・選定(全体)
⑤ 18:20~19:40 検討グループの組成、課題の解決方法についての検討(グループディスカッション)
⑥ 19:40~20:25 グループで検討した課題解決策(事業アイデア)についての発表・講評(全体)
⑦ 20:25~20:30 閉会(VCJ)

【主催】
岡山リビングラボ(岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科)、おかやまスタートアップ支援拠点運営委員会(ももスタ)

【共催】
株式会社 Vivid Creations Japan

【ファシリテーター】
株式会社 Vivid Creations Japan 代表 小野晴之

【参加申込方法】
以下のページにアクセスし、申し込みを行ってください(申込締切:2021年2月8日12:00)。
URL:https://forms.gle/S9j4xRHe2WJ1pVcb8

本件担当

国立大学岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科 特任准教授 志水武史
e-mail: shimizu.takeshi◎okayama-u.ac.jp
※ ◎を@に置き換えて下さい。