ニュース

ホーム > ニュース > 岡山市と寄付講座の設置に関する協定を締結

岡山市と寄付講座の設置に関する協定を締結

 2月17日、岡山市と寄付講座「地域医療学講座」の設置に関する協定を締結いたしました。本学と岡山市は地域医療体制の構築等を目的として、平成21年3月に「保健医療連携に関する協定」を締結し、連携事業を進めておりました。この寄付講座は連携事業の柱のひとつになります。

 岡山市役所で行われた調印式には千葉学長、高谷岡山市長など関係者が出席。千葉学長は、「医療を通して社会に貢献できることは本学の誇り」、高谷市長は、「今回の講座開設が最適な地域医療体制の実現につながる」と、寄付講座開設に対する期待を表明しました。

 この寄付講座は、岡山地域における地域医療ネットワークの構築に関する研究、ER型救急システムの構築に関する研究、救急医、総合医など地域医療を担う医師等の養成及び研修プログラムの開発を行うものです。平成22年4月から4年間、岡山市民病院を拠点に、教員を3名を配置して開設されます。

 この講座開設は、岡山地域における最適な地域医療体制の構築に貢献し、さらには、県内の医師確保等にもつながるものと期待されています。

  今回の協定の詳細な内容はこちらをご覧ください。


【本件問い合わせ先】
医歯薬学総合研究科等学務課研究協力係
TEL:086-235-7982 FAX:086-235-7045