トピックス

ホーム > トピックス > 前ソニーCEOの出井氏が講演

前ソニーCEOの出井氏が講演

 本学キャリア開発センターは、前ソニーCEOでクオンタムリープ代表取締役ファウンダー兼CEOの出井伸之氏を招いた特別企画講演会「第1回トップキャリアセミナー」を12月21日、創立五十周年記念館で開き、学生ら約350人が聴講しました。
 出井氏は「21世紀型人材と地域の役割」と題して講演し、「日本は今、大転換期を迎えている。これまでは欧米を手本にしてきたが、これからの日本の将来は日本人が決めなければならない。独自の『価値創造』で競争を勝ち抜く時代になる」と指摘。学生たちには「『何を学び、何が好きなのか』を見極め、好きなことを伸ばしてほしい」とアドバイスしました。
 現役学生や在学中にベンチャーを起業した卒業生らによるパネルディスカッション「ベンチャースピリットとは」もありました。
 セミナーは、学生に就職や起業の意識を高めてもらい、岡山からのグローバルな人材の輩出を狙いに、本学ベンチャー研究会OUVLと共催で初めて企画しました。

写真:「21世紀型人材と地域の役割」と題して講演した出井氏

【本件問い合わせ先】
キャリア開発センター TEL:086-251-7198