トピックス

ホーム > トピックス > 王英正教授、藤澤和謙講師が文部科学大臣表彰受賞

王英正教授、藤澤和謙講師が文部科学大臣表彰受賞

 平成24年度文部科学大臣表彰の受賞者が決まり、科学技術賞に岡山大学病院新医療研究開発センターの王英正教授、若手科学者賞に大学院環境生命科学研究科の藤澤和謙講師が選ばれました。4月17日、文部科学省(東京都)で表彰式が行われました。
 科学技術賞(研究部門)は、日本の科学技術発展に寄与する独創性高い研究や開発を行った者が対象で、本年度は40人が受賞。王教授は、成熟心臓内から心筋細胞に分化する能力を持った幹細胞を発見し研究。大量培養法を開発し、重症心不全患者に移植する臨床試験を行い、心不全死を回避する大きな治療効果を上げたことが高く評価されました。
 若手科学者賞は、高度な研究開発能力があると認められた40歳未満の人を対象としており、本年度は90人が受賞。藤澤講師は、地盤や土で作られた構造物の中で進行する空洞化やパイピング等の現象を、数値シミュレーションを通して予測する手法を研究。人が見えないうちに進行する現象を推測することで、事故や災害の予測につながることが期待されています。
 王教授は「以前からの研究課題を臨床実用化するまで継続的に発展させたことが受賞につながった。今後も心不全に対する新しい治療法の研究開発に全力で取り組みたい」、藤澤講師は「まだまだ分かっていないことが多くあるが、受賞の機会に恵まれうれしい。受賞を励みに、さらなる研究を続けたい」と、研究発展へ意欲を燃やしています。



<写真>科学技術賞を受賞した王教授


<写真>若手科学者賞を受賞した藤澤講師

【本件問い合わせ先】
総務・企画部企画・広報課 TEL:086-251-7292