トピックス

ホーム > トピックス > 北京事務所を開設

北京事務所を開設

 本学は4月1日、中国で3番目の海外事務所となる北京事務所を開設しました。首都師範大学国際文化学院内に設置されている広島大学北京研究センターを共同利用し、運営します。
 4月25日に森田潔学長、荒木勝副学長らが首都師範大学を訪問。宮輝力・首都師範大学常務副学長、孫家寧・国教育国際交流協会アジア太平洋部副部長、佐々木衞・日本学術振興会北京研究連絡センター長、佐藤利行・広島大学北京研究センター長ら関係者が見守る中、看板上掲式を行いました。
 北京事務所長には、本学大学院社会文化科学研究科教授を平成24年3月に退職した下定雅弘名誉教授が就任。当面月1回現地で勤務し、現地スタッフとともに、本学のPR活動、優秀な留学生の確保、本学からの留学支援、研究者交流支援、留学生同窓会中国支部の活動支援などを推進していく予定です。


写真:(左から)宮常務副学長(首都師範大学)、下定事務所長、森田学長、荒木副学長

【本件問い合わせ先】
国際センター事務室
TEL:086-251-7044