トピックス

ホーム > トピックス > 「ますかっと病児保育ルーム」を開所

「ますかっと病児保育ルーム」を開所

 10月1日、岡山大学病院内に病児保育施設「ますかっと病児保育ルーム」を開所しました。開所式には、千葉学長、田中ダイバーシティ推進本部長、森田病院長、保科看護部長、赤松「なかよし園」(院内保育所)園長、大塚小児神経科長らが出席しました。式では、千葉学長や関係者による挨拶の後、病児保育所設立準備委員である関助教、川畑助教によるバルーンシャワーが行われ、開所を祝いました(写真)。

 この「ますかっと病児保育ルーム」は、平成19年度文部科学省・医療人GP採択の「女性を生かすキャリア支援計画」の一環として設置されたもので、本学教職員および学生の病中・病後の子どもを預かることで、女性医療人のみならず男性を含めた全職員の方々に、より働きやすい環境を提供することを目的としています。

 本学では、今年7月に学内学童保育施設「かいのき児童クラブ」を設置するなど育児と仕事の両立支援を進めております。今後も本学では、女性が安心して働ける環境づくりを推進していきます。

「女性を生かすキャリア支援計画」・「ますかっと病児保育ルーム」の詳細は以下のURLを参照ください。

http://www.okayama-muscat.jp/jyosei/