トピックス

ホーム > トピックス > 岡山市と「学生の教育・研究に関する協定」を締結

岡山市と「学生の教育・研究に関する協定」を締結

 本学と岡山市は5月28日、「学生の教育・研究に関する協定」を締結し、本学で調印式を行いました。本協定は、本学大学院医歯薬学総合研究科と岡山市立市民病院の研究活動や交流を一層充実させ、学術及び科学技術の発展に貢献するため来年4月、同研究科の博士課程に連携講座を設置するものです。
 連携講座では、岡山市立市民病院が力を入れる総合診療部門と本学の医療技術や知識、研究力を融合し、総合内科学分野を中心に学術、臨床研究を実施。同病院の研究者を客員教授又は客員准教授に任用し、本学学生の教育・研究指導を行います。
 調印式には本学の森田潔学長をはじめ、岡山市の髙谷茂男市長や関係者計12人が出席。谷本光音医歯薬学総合研究科長が協定の概要について説明し、森田学長と髙谷市長が協定書に署名しました。
 本調印に合わせて、岡山市の寄付講座「地域医療学講座」(設置期間:平成22年4月1日~平成26年3月31日) の設置期間を平成29年3月31日までとする覚書を取り交わしました。

【本件問い合わせ先】
大学院医歯薬学総合研究科等学務課
TEL:086-235-7982

(13.05.30)



協定書を掲げる森田学長(左)と髙谷市長


協定書に署名する森田学長(左)と髙谷市長