トピックス

ホーム > トピックス > 氏家良人教授が「救急医療功労者厚生労働大臣表彰」を受賞

氏家良人教授が「救急医療功労者厚生労働大臣表彰」を受賞

 平成25年度「救急医療功労者厚生労働大臣表彰」の表彰式が9月9日、東京都の中央合同庁舎であり、大学院医歯薬学総合研究科の氏家良人教授が救急医療の向上発展に寄与した功績で同表彰を受賞しました。
 救急医療功労者厚生労働大臣表彰は、長年にわたり地域の救急医療の確保や救急医療対策の推進に貢献した団体や個人を表彰するもので、今年度は全国の団体や医療機関など19団体と個人15人が受賞。氏家教授は、救急医学講座の初代教授として岡山大学に赴任した平成12年から、精力的に救急医の育成にあたり、同病院を高度救命救急センターおよび災害拠点病院として整備。また、県内外における心肺蘇生教育やAEDの普及に尽力し、岡山県の救急医療体制の要になっています。今回の受賞に、氏家教授は「大変光栄なことで身の引き締まる思い。これからも岡山県の救急医療に貢献できるよう全力で頑張っていきたい」と話しています。

【本件問い合わせ先】
大学院医歯薬学総合研究科救急医学講座
TEL:086-235-7426

(13.09.13)



救急医療功労者厚生労働大臣表彰を受賞した氏家教授


授与された表彰状と盾を持つ氏家教授