トピックス

ホーム > トピックス > フィギュアスケート坪井遥司さんが初優勝 学生氷上選手権

フィギュアスケート坪井遥司さんが初優勝 学生氷上選手権

 1月7~8日、北海道で開催された日本学生氷上競技選手権大会のフィギュアスケート男子で、本学フィギュアスケート部の坪井遥司さん(マッチングプログラムコース3年)が合計209.84点で初優勝し、森田潔学長に成果を報告しました。
 前日行われたショートプログラムは、シーズンベストの71.18点で首位。翌日のフリープログラムでは、チャイコフスキー作曲の「白鳥の湖」にのせ、トリプルアクセルやステップなど1つずつ丁寧に表現。悪魔・ロットバルトをイメージし、男性らしく力強い演技で観客を魅了しました。フリーでも138.66点でトップに立ち、見事優勝を決めました。坪井さんは、「次のシーズンにつながる良い演技ができました。ジャンプを気にして表現がおろそかになってしまうことが今後の課題」と話しています。

【本件問い合わせ先】
顧問・環境生命科学研究科 教授 三浦健志
TEL:086-251-8876

(14.01.10)


森田学長にフリーの衣装を披露する坪井さん(右)


学生氷上選手権の優勝を報告する坪井さん(右)


学生氷上選手権で優勝した坪井さん(フィギュアスケート男子)