トピックス

ホーム > トピックス > 陸上競技部10年ぶりに3位 中国四国学生駅伝

陸上競技部10年ぶりに3位 中国四国学生駅伝

 本学陸上競技部が12月7日に山口市で開かれた「第58回中国四国学生駅伝」で、10年ぶりに3位に入りました。
 同部正式チームの「岡山大A」と、オープン参加の「岡山大B」の2チームを含む計28チームが出場。6区間計53.5キロでたすきをつなぎました。「岡山大A」は、1区で10位と出遅れたものの、2区村上聡選手(工学部2年)が区間2位の力走で3位まで押し上げ、その後も粘りの走りで順位をキープ。2時間50分30秒で銅メダルを獲得しました。
 同部は、9月の全日本大学駅伝中国四国地区予選で、目標の3位に届かず5位に。この駅伝でのリベンジを掲げ、例年よりロードでの練習を増やすなど、調整してきました。賀家拓海主将は「全員が普段の力を出し切った結果。まだまだ強くなるチームなので、さらに頑張っていきたい」と話していました。

▽「岡山大A」チームのメンバーは次の皆さん。

1区 岩口周平(薬学部3年)
2区 村上聡(工学部2年)
3区 細田善也(医学部2年)
4区 清水康孝(経済学部2年)
5区 棚池祐馬(工学部1年)
6区 小林宏輔(工学部4年)

【本件問い合わせ先】
大学院教育学研究科講師 原祐一
TEL:086-251-7665

(14.12.13)


岡山大学陸上競技部のメンバー


力走する選手


喜びを分かち合うメンバーら