トピックス

ホーム > トピックス > 異分野基礎科学研究所を新設 基礎科学分野で世界トップ100へ

異分野基礎科学研究所を新設 基礎科学分野で世界トップ100へ

 本学は4月1日、本学の強みである「物理学」と「基礎生命科学」の研究基盤を強化するため「異分野基礎科学研究所」(Research Institute for Interdisciplinary Science)を津島キャンパスに新設しました。
 本研究所は、量子宇宙・ニュートリノ研究、光合成-構造生物学、超伝導材料・デバイス科学研究を一体的に進め、基礎物理学から基礎生命科学を貫く異分野交流の視点をもって基礎科学分野の研究を推進します。また、世界トップレベルの大学・研究所との国際共同研究の推進によって、新たなイノベーションを生み出し、物理学・生命科学分野において世界トップ100位入りを目指します。
 同日、津島キャンパスで挙行された上掲式では、森田潔学長が「『リサーチ・ユニバーシティ:岡山大学』の中核となる重要な機関として、さまざま形での成果を大いに期待しています」と激励し、久保園芳博研究所長が「異分野基礎科学研究所は近い将来において、世界のトップ研究集団に名を連ねることができるものと確信しています」と力強く述べました。式には、阿部宏史企画・総務担当理事、山本進一研究担当理事、教職員、学生ら約100人も参加し、開所を祝いました。

異分野基礎科学研究所のホームページはこちら

【本件問い合わせ先】
 異分野基礎科学研究所長 久保園芳博
 TEL:086-251-7850

(16.04.14)


(左から)看板を上掲する森田学長と久保園所長


異分野基礎科学研究所の開所を祝う参加者ら