トピックス

ホーム > トピックス > 文学部学生が2016 MODEL APEC CONFERENCEに日本代表として出席

文学部学生が2016 MODEL APEC CONFERENCEに日本代表として出席

 本学文学部4年の川上真矢さんが、8月25~28日に中華人民共和国の北京で開催された「2016 MODEL APEC CONFERENCE」(Promoting APEC Youth Leadership and Entrepreneurship Side Event of the 6th APEC Education Ministerial Meeting)に、日本代表として出席しました。
 本会議は、APEC教育大臣会合を模して開催。アジア太平洋地域の学生が、次世代のリーダーとして協力、結束することを目的としており、日本からは3人が選出されました。4日間のプログラムでは、教育課程における能力開発や科学技術の革新、雇用など実際の大臣会合のテーマでディスカッションを行ったり、リーダーシップの向上や女性の活躍などについてワークショップを行いました。
 日本代表団は、「第4次産業革命を迎えるにあたっての教育プラットフォーム構築」(An Ideal Educational Institution for the Fourth Industrial Revolution)というタイトルでプレゼンテーションを行い、優秀発表賞を受賞しました。
 川上さんは、「参加国それぞれの想いを話せば話すほど一つのゴールを目指す難しさにぶつかり、私たちが目指すべき国際協力とは何か改めて考えさせられました。一緒に参加した日本代表のメンバーや海外の学生からたくさんの刺激を受け、充実した4日間となりました」と感想を語りました。

【本件問い合わせ先】
 社会文化科学研究科等事務部(文学部担当)
 TEL: 086-251-7370
グローバルパートナーズ留学交流課 
TEL:086-251-7037

(16.09.01)



会議での様子


日本代表の3人(左端が川上さん)