トピックス

ホーム > トピックス > 極限量子研究コア発足式を開催

極限量子研究コア発足式を開催

 11月20日、「極限量子研究コア」の発足式が行われました。
 「極限量子研究コア」は本学教育研究プログラム戦略本部におかれる推進拠点の一つで、学長直下の研究組織として本年1月に発足、4月にはコア長として笹尾登教授を京都大学から招聘し、鋭意組織づくりを進めてきました。このたび、笹尾教授のコア長就任から半年が経過し、組織が一定の完成を見せたことから、発足式を執り行うこととなりました。
 発足式には千葉学長、田中・岡田副学長をはじめとする多数の学内関係者が出席。千葉学長から「本学の研究の核となって欲しい」との挨拶があった後、笹尾コア長が記念講演を行い、「宇宙や素粒子には大きな謎が残っている。ニュートリノを鍵とし、新しい原理と手法でその謎の解明に挑みたい」と意気込みを語りました。

写真:笹尾コア長による講演の模様

【本件お問い合わせ先】極限量子研究コア 086-251-7768