トピックス

ホーム > トピックス > 本学が所属する国立六大学連携コンソーシアムが国際競争力向上のための日蘭国際シンポジウムを開催

本学が所属する国立六大学連携コンソーシアムが国際競争力向上のための日蘭国際シンポジウムを開催

 本学が所属する国立六大学連携コンソーシアム(千葉大学、新潟大学、金沢大学、岡山大学、長崎大学、熊本大学)の国際競争力向上のための連携強化を目的として、同コンソーシアムとオランダ高等教育国際協力機構(Nuffic)は6月15日、日蘭国際シンポジウム「高等教育をめぐる日蘭関係のさらなる発展について」を駐日オランダ王国大使館で共催しました。
 国立六大学連携コンソーシアムでは、国際連携において国立六大学の学問の礎である「蘭学」発祥の地オランダを戦略地域として、同コンソーシアムの枠組みを活用することで広い学問領域をカバーし、世界のトップレベルの大学と対等な立場で教育研究交流をしています。同コンソーシアムとNufficは、昨年3月に日本初となる包括協定(MoU)を締結。さらに昨年8月にはライデン市のシーボルトハウスに同コンソーシアムの初の欧州拠点となる国立六大学欧州事務所を開設するなど、卓越した教育研究を展開する世界トップレベルのオランダや欧州の各大学と連携強化を精力的に進めています。
 今回のシンポジウムでは、槇野博史学長のほかに、国立六大学国際連携機構長である神崎浩理事・副学長(国際担当)、横井篤文副理事・上級UGA、那須保友大学院医歯薬学総合研究科長・教授ら、同コンソーシアムの大学から学長、理事、副学長などの関係者らも参加。Nufficのハン・ドマース教育部門長、日本博物館シーボルトハウスのクリス・スヒールメイヤー館長(ライデン大学総長代理出席)、エラスムス大学医療センターのクリス・バングマ教授、ワーヘニンゲン大学のアリオ・ロットハウス国際戦略アジア部門長、ユトレヒト大学カレッジのアントン・ファン・デ・フェン上級講師が講演者として参加しました。
 本シンポジウムでは、日蘭交流の歴史、最新の医療・バイオ、サステナビリティ、農業、工学をテーマに、同コンソーシアムの各大学やオランダからの講演者が発表。本学からは国立六大学欧州事務所所長代理である横井副理事が同シンポジウムの司会進行を務めました。那須研究科長が「医学領域における国立六大学連携コンソーシアムの取組み」と題して発表し、「岡山大学病院が保有する先進技術を、オランダを始め、欧州にも広めていきたい」と意欲を見せました。
 シンポジウムの後、アルト・ヤコビ駐日オランダ王国特命全権大使主催のレセプションが同大使館大使公邸で開催されました。同レセプションでは、ヤコビ大使のほかに、来賓として逢沢一郎衆議院議員、文部科学省の岩渕秀樹高等教育局高等教育企画課国際企画室長、外務省の松田和人欧州局西欧課外務事務官らが参加。歓迎あいさつでヤコビ大使は「両国の高等教育の連携を深め、日蘭関係のさらなる発展を期待したい」と話しました。また、乾杯あいさつで槇野学長は「国立六大学が基軸となって、世界トップレベルのオランダの大学との交流・連携を通して、日蘭関係をさらに高めたい」と述べました。
 国立六大学連携コンソーシアムでは今後も、協業のための活発な意見交換、情報交換を行い、オランダをはじめとする欧州のトップレベルの大学とのさらなる交流・連携を発展させる予定です。

国立六大学連携コンソーシアム: http://sixers.jp/

【本件問い合わせ先】
グローバル・パートナーズ国際企画課
TEL:086-251-7036

(17.07.12)


レセプションで会談する槇野学長とヤコビ大使(右


講演する那須研究科長・教授


司会の横井副理事・上級UGA


記念撮影の様子(左から槇野学長、逢沢衆議院議員、ヤコビ大使、山岡佐倉日蘭協会副会長、越宗岡山日蘭協会会長、神崎理事)