トピックス

ホーム > トピックス > 韓国産業技術大学学長らが来学

韓国産業技術大学学長らが来学

 2月5日、韓国産業技術大学のJun-Yeong Choi学長がSeong Ho Noh同大学知識技術・エネルギー研究科長およびSang-Chul Park同研究科教授とともに千葉学長を訪問されました。
 このたびの来学は、韓国産業技術大学知識技術・エネルギー研究科と本学環境学研究科との部局間交流協定の締結を目的としています。
 韓国産業技術大学は、韓国政府経済省が産業技術分野の教育強化を目的として1998年3月に創設した工学系の大学で、産学官連携による技術者教育に特色のある大学として知られています。なお、Sang-Chul Park教授は、本学環境理工学部助教授として勤務した経験(2003年~2005年)があり、帰国後も本学にて学部生や大学院生に対する特別講義をされています。
 当面は環境学研究科の大学院GP「アジア環境再生の人材養成プログラム」において、韓国産業技術大学の教員を招聘し、大学院生に対する特別講義、セミナー等の実施、さらに本学学生のプロジェクト国際実習を同大の協力により韓国国内で実施する予定です。
 会談において、両学長からは研究交流・学生交流活動が両研究科だけでなく大学全体への交流へと大きく広がることへの期待が述べられました。

写真:Jun-Yeong Choi学長(右)と千葉学長

【本件問い合わせ先】国際課 086-251-7044