トピックス

ホーム > トピックス > 坂本浩隆准教授が文部科学大臣表彰若手科学者賞

坂本浩隆准教授が文部科学大臣表彰若手科学者賞

 平成22年度文部科学大臣表彰の若手科学者賞に、大学院自然科学研究科・理学部付属牛窓臨海実験所の坂本浩隆准教授が選ばれ、4月13日に東京都内のホテルで表彰式が行われました。
 高度な研究開発能力があると認められた若手研究者を対象とする賞で、今年度は85人が受賞しました。坂本准教授は、脊髄内の神経ホルモンの一種が、雄の性機能を制御していることを発見し、心理的ストレスによる男性の性機能障害との関係も解明。性機能障害の治療法開発にも貢献する革新的な研究として高く評価されました。
 表彰式では文部科学大臣が受賞者を激励。表彰状を受け取った坂本准教授は「共同研究者や教職員の皆様方のおかげで名誉ある賞をいただくことができ大変光栄です。脳と脊髄の相互作用のメカニズムも解析し、心理的な性機能障害の全体像を明らかにしたい」と今後の研究へ意欲を燃やしています。

【問い合わせ先】学長戦略室広報担当 TEL:086-251-7292