研究成果

ホーム > 研究成果 > 【プレスリリース】モモの果肉障害の発生原因を解明し、その対策を構築

【プレスリリース】モモの果肉障害の発生原因を解明し、その対策を構築

 岡山大学大学院環境生命科学研究科(農)の森永邦久教授らと岡山県農業研究所などの共同研究グループは、岡山県を代表する果物「白桃」の果肉に外見からは認識できない異常が表れる障害に着目。環境的な要因として収穫期前の高温や降雨が障害の発生と関わっていることを解明しました。その対策として赤外線を大幅にカットできるチタンを塗布した新しい果実袋(機能性果実袋)を用い、同時に降雨による水分が大量にモモ樹に吸収されないよう制御できるマルチシートを根元に敷くことで、特に発生の多い赤肉症の軽減に大きな効果が得られることを明らかにしました。
 本研究成果により、障害果実が消費者に渡ってしまうことによる岡山産モモのイメージ低下を防ぎ、モモ産地としての信頼を高めることが期待されます。
 成果は12月22日、本学で開催するシンポジウムにて発信します。このほか、技術マニュアルを作成・配布し、生産農家への技術の普及も進めていきます。

詳細は下記リンク先をご覧ください

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id362.html