岡山大学 環境理工学部 環境デザイン工学科

印刷する

ご挨拶

環境デザイン工学科は、1974年に工学部土木工学科として岡山大学に設置されました。1994年に環境理工学部環境デザイン工学科に改組され、「土木工学」に加え「環境工学」を教育・研究の基本方針に加えられました。以来、数多くの優秀な人材を輩出し社会に大きく貢献してきました。現在、総勢24名の教員が5つの系(①構造・材料系、②土質・地盤系、③水理・水文系、④環境・衛生系、⑤計画・景観系)を中心とした学際的な教育と研究を行っています。2004年には日本技術者教育認定気候(JABEE)による「技術者教育プログラム(環境工学及びその関連分野)」の認定を受け、国際的に通用する技術者の育成に取り組んでいます。

安全で快適な市民生活を営むためには、自然災害に強く、環境に優しい自然と共存可能な社会基盤および都市・環境システムを作り上げていくことが重要です。環境デザイン工学科は、自然への理解と畏敬のもと、美しく豊かな日本の国土と持続可能な社会づくりに貢献する人材を育てます。自然環境に恵まれた岡山大学のキャンパスにおいて幅広い教養を身につけ、環境を守る土木技術者および環境工学の専門技術者として、地球規模の視点に立って活躍できるように学科スタッフが一丸となって支援します。

新着情報

PAGE TOP