CST養成プログラム

ホーム > CST養成プログラム > プログラムの概要

プログラムの概要

 岡山CST養成プログラムでは、大学生を対象とした小学校CSTと中学校CST、及び、現職教員を対象とした現職CSTの養成を行っています。大学生を対象とした養成プログラムでは、学部あるいは大学院の2年間、または、学部と大学院を通して4年間で学ぶことができます。また、現職教員を対象とした養成プログラムでは、2年間の研修を行っています。

image02

岡山CST養成プログラムには、次のような特色があります。
1.岡山大学の関係学部と教師教育開発センター、岡山大学教育学部附属小・中学校、岡山県総合教育セン
  ター、岡山市教育研究研修センター、倉敷教育センター等の教育機関が実施を担当し、協働して指導・
  助言を行います。
2.理科の学習指導に必要な幅広い知識や経験が得られるよう多様な内容でプログラムを構成しています。
3.学校現場で実際に行われている観察、実験の基礎的な技術を習得するための内容を位置付けています。
4.異なる立場の参加者が切磋琢磨し、連帯感を持てるようにしています。教育現場で共通の意識を持ち、
  CSTとして活躍できるようにするための基盤をつくります。
5.理科の授業を行うための能力だけでなく、理科の研修会等を企画・運営するための能力も育成します。
6.様々な情報を相互に交換ができるネットワークの構築を重視しています。
 

CST養成プログラムのカリキュラム

 岡山CST養成プログラムでは、大学生を対象とした養成プログラムと現職教員を対象とした養成プログラムそれぞれが、多様な講座で構成されています。
 

image03

各講座の概要(学生)

 学生を対象としたCST養成プログラムでは、CST基幹講座のように小学校CSTと中学校CSTを対象に共通した内容を扱う講座と、CST課題研究のようにそれぞれの校種に応じた内容を扱う講座とがあります。また、CST研修構成力養成講座のように自分に適した内容や場面を選択できる講座もあります。
 

image04

CST基幹講座

 CST基幹講座は、理科を指導する教員としてのバックボーンを養うことができるよう次の3つの内容で実施されます。
  1 科学的な内容を扱う講義
  2 自然や科学に関連する環境や施設の訪問・演習
  3 教科書等で扱われている内容に関する調査・協議

CST課題研究

 CST課題研究は、実際の授業を想定して、単元や授業の構成の仕方を考えたり、教材研究をしたりして、指導に必要な知識や技能の基礎を個々の状況に応じて習得できます。学校現場で実際に使われている器具や材料を用いて、実践的な内容を学ぶことができます。

CST研修構成力養成講座

 CST研修構成力養成講座は、教育現場で行われている理科研修の準備、企画、運営等を体験し研修を行う方法を学ぶCST研修実習と、学校教育や社会教育として児童生徒が自然や科学に触れる場を体験するCSTフィールドチャレンジで構成されています。

科学専門講座

 科学専門講座は、科学技術理解講座、先進理科実践探究講座で構成されています。各学部で開講されている既存の科学専門講義により、科学や理科に関する基礎的な専門知識を身に付けます。

各講座の概要(現職)

 現職教員を対象としたCST養成プログラムでは、小・中のコース毎に定期的に土曜日や長期休業中に開講される講座と、自分に適した内容や日時を選択できる講座、自分の都合に応じて職場や自宅で実施していただける講座があります。
 

image05

現職CST研修講座

 理科教育に関する認識を深めるとともに、これから理科教育を推進するための基盤となる知識・技能を明確にすることをねらいとした理科教育探究講座、先端的な内容を含む科学・技術について理解し、各領域の背景となる知識を深めていただくためのCST基幹講座(科学構成力探究講座/教科構成力探究講座)があります。

現職CST課題研究

 観察、実験器具や機器に関する認識を深めるとともに、観察、実験を実施したり、観察、実験を位置付けた学習指導を推進したりするための基盤となる知識・技能を明確にすることをねらいとした観察・実験力向上講座、学校現場で実施されている授業の課題やそれを改善するための方法を明確にすることをねらいとした授業実践力向上講座、小・中学校の理科の授業や観察、実験を対象とする研修会に参加することで、理科の授業実践に関する現状を把握し認識を深めることをねらいとした理科実践研修講座があります。

現職CST研修力向上講座

 学校現場や研修会で行われる研修内容や観察、実験などについて、その企画、準備、運営等を体験することで、研修を実施するための力を高めることをねらいとしています。

現職CST教材・授業開発講座(オンデマンド講座)

 授業実践、研修会実施のための計画、準備など、個々に応じた内容を職場や自宅で実施していただけます。講座受講時、また、電子メールやフェイスタイムあるいは電話等で必要な指導や助言を得ながら、教材や授業の開発、指導案や研修計画の作成を行います。